ご注意ください
この記事は公開から1年以上経っています。掲載されている情報は、公開当時のものです。

創業20年。今年、“ハタチ”を迎える企業

alt

時代を反映したIT系企業が多め

■ディップ<2379>

「バイトル」や「はたらこねっと」などの求人情報サイトを運営。2006年からプロモーションを積極展開。初のテレビCMを皮切りに、スポーツイベントなどの協賛もしてきました。現在の「バイトル」イメージキャラクターには、PPAPで日本を沸かせたピコ太郎さんを起用しています。

■TOHOシネマズ

前身は外資系のヴァージンシネマズ・ジャパン。2003年に東宝<9602>が約100億円で買収し、東宝の子会社に。シネコンなど映画館の経営をメインに行っています。

関連リンク:【企業力分析】君の名は。・・・東宝

■ドワンゴ

「ニコニコ動画」などインターネットにおけるコンテンツサービスを提供。2014年に、共同株式移転の手法でKADOKAWAと経営統合し、「KADOKAWA・DWANGO(現・カドカワ<9468>)」が誕生しました。

関連リンク:【カドカワ】老舗企業の再成長を賭けたM&Aとは?

■ネクスト(現LIFULL)<2120>

不動産・住宅情報サイト「HOME'S」などを運営。2006年に東京証券取引所マザーズ市場に上場し、M&Aによる事業拡大を行ってきました。今年4月には、「LIFULL(ライフル)」に社名を変更し、各種サービスのブランド統合、海外展開を加速させていくそうです。

■ネットフリックス

米カリフォルニアに本社があり、世界190か国以上、会員数8600万人という世界最大規模のオンライン動画配信サービスを手掛ける同社。日本では2015年9月からサービスイン。オリジナルコンテンツも豊富で、昨年には芥川賞受賞作「火花」を映像化して話題となりました。

■麦の穂

シュークリーム専門店「ビアードパパの作りたて工房」や「古式讃岐うどん〜温や〜」などの飲食店を運営。2013年に永谷園<2899>に約100億円で買収され、同グループの一員となりました。

関連リンク:永谷園のお茶づけ、海を越えて世界へ

■メディア工房<3815>

主に携帯電話向けの占いやゲームなどのコンテンツ事業を手掛ける同社。前身となる有限会社フラミンゴが1997年に設立されました。

■楽天<4755>

インターネットショッピングモール「楽天市場」をはじめ、「楽天カード」「楽天銀行」「楽天モバイル」など様々なサービスを展開するIT企業。2017-2018シーズンからはスペインの名門サッカーチーム「FCバルセロナ」とスポンサー契約を結び、バルサのユニホームに楽天の名前が入ることに。グローバル企業としての認知度アップにつなげていくようです。

関連リンク:【楽天】国内M&A巧者、楽天。世界の壁は厚いか

こうしてみてみると、90年代後半のITバブルの影響でIT系企業が多いことがよくわかります。おそらく、当時はもっとたくさんのIT企業が乱立していたはず。「中小企業白書2011」によると、20年続く会社は約5割とのこと。そんな決して楽とはいえない道を生き残ってきた企業には、節目を迎える年にさらなる飛躍を期待したいものです。

まとめ:M&A Online編集部

M&A Online編集部

M&Aをもっと身近に。

これが、M&A(企業の合併・買収)とM&Aにまつわる身近な情報をM&Aの専門家だけでなく、広く一般の方々にも提供するメディア、M&A Onlineのメッセージです。私たちに大切なことは、M&Aに対する正しい知識と判断基準を持つことだと考えています。M&A Onlineは、広くM&Aの情報を収集・発信しながら、日本の産業がM&Aによって力強さを増していく姿を、読者の皆様と一緒にしっかりと見届けていきたいと考えています。


NEXT STORY

企業のお家騒動・騒乱その行方 【クックパッド】創業者が社長を解任

企業のお家騒動・騒乱その行方 【クックパッド】創業者が社長を解任

2016/09/12

ニュースやワイドショー、新聞、雑誌などでひとたび話題になると人々の関心を引き、株価にも影響を及ぼすこともある、企業のお家騒動。その騒乱の行方はどうなったのであろうか。これまでに起きた注目の企業のお家騒動をまとめてみた。今回は、クックパッドで起きた対立と退任劇を振り返る。

関連のM&Aニュース

アクセスランキング

【総合】よく読まれている記事ベスト5