ゲームや占い、新規ビジネスなどのデジタルコンテンツ事業、及びそれに伴う物販事業を展開するメディア工房(東京都)は、同社の連結子会社でモバイルソーシャルゲームの開発・運営等を行うルイスファクトリー(東京都、純資産3千万円)が、ソーシャルゲーム市場においてセカンダリー事業を展開しているエクスクウェイド(東京都、純資産2百万円)よりソーシャルゲームのセカンダリー事業及び新規ソーシャルゲームの制作事業(売上高4億円、営業利益4百万円、資産4千万円、負債2千万円)を譲り受けることを決議した。

メディア工房は、子会社のルイスファクトリーが、エクスクウェイドの主力事業であるセカンダリー事業等を譲受け、メディア工房グループの各ゲームブランドにおいて専業的に事業を展開することで事業そのものの質を高め、収益力の強化に努めていくとしている。

事業譲受価額は1億円。

事業譲受予定日は平成28年9月1日。