こんばんは。最初にこの見出しを見て驚きました。ISPメインで考えた買収だとしたら、あまり旨味はないだろうなという気がしています。「今さらISP?」という風に考えそうですし。

記事は日経が一次情報ですが、今回は二次情報としてITmediaのリンクを貼っておきます。
KDDI、ビッグローブ買収か ニフティ買収も交渉 日経報道

niftyも買収しようとしているところも考えると、ISP事業よりもMVNO事業なんじゃないかという風に思えてきました。KDDIの携帯電話事業ブランドはauですが、MNP転出もそれなりにあるようですし、MNP転入や新規獲得もかなり厳しい様子です。(これはMNO3社共通だろうと思いますが)

そこで、SoftBankのY!mobileに相当するUQmobileとくっつけてマルチキャリアMVNOとしてKDDIのサブブランド化しようという魂胆なのかなという風にも考えられます。

まぁ、MVNO自体が過当競争に突入していますから、淘汰が始まってもおかしくはないなと思います。体力のある数社しか残らないだろうと推測されます。もしかしたら、この買収(予定)劇が引き金を引くことになるのかもしれません。

買収が実現したとして、まさかのBIGLOBEがau系MVNOになってしまうというようなことはないと信じたいのですが。実際に自分が使ってないので確証を持っては言えないのですが、au系MVNOのSIMだと制約が多いようです。iPhoneの場合だとテザリングが出来ないケースがあったり、auの端末なのにSIMロックを外さないと使えないケースがあるようなので、自由度下がりそうですしね。(^^;;

と、docomo端末をSIMロック解除せずに使っている人にとっては、いきなりau系MVNOに変わってしまったら、はしごを外されてしまうことになります。

そのへんをいろいろ考えると、今後どのような展開となるのか注視しないといけませんね。(^^;;
(このへんの話題はこの後のWBSで取り上げそうですね。)

本記事は、NW屋的日常徒然日記 written by 不覚亭ヨウ素 より転載しております。

関連リンク 【KDDI】M&Aからベンチャーへのスイッチ投資