2016年7月18日、ソフトバンク株式会社(以下、ソフトバンク)の孫正義氏は、3.3兆円もの金額でイギリスのARM Holdings(以下、ARM)を買収することを発表しました。

ソフトバンクは2006年3月に1兆7,820億円でボーダフォン、2013年7月に1兆8,000億円でスプリントと、以前にも世間の注目を集めるような大型の買収を行っていますが、今回はそれらを遥かに上回る金額での買収となります。

ちなみに、当該買収は「スキームオブアレンジメント」という買収方法(簡潔に言うと、被買収会社の株主とイギリスの裁判所の一定数以上の同意を必要とする買収)を利用するため、今後買収のための必要要件を満たさない等前提が大幅に変更する可能性もありますが、今日は買収が予定通りにいったことを前提として書きます。

まず、ARMはスマートフォンのCPU(人間でいう脳の部分)を設計しており、その設計図を半導体設計会社等に譲渡することによってライセンス収入を得ることを事業モデルとした会社です。

PC市場においてはシェアはほとんどないのですが、スマートフォン市場ではARMは約90%ものシェアを誇っています。

これまでボーダフォンの買収により携帯通信キャリアの権限を獲得し、スプリントの買収によりアメリカ圏の通信電波ライセンスを獲得してきたソフトバンク。

今回のARM買収の狙いはIoT(Internet of Things)分野における圧倒的な成長であると言われています。

ARMは、総資産が約2,409百万ポンド、7月18日付のGBP/JPYレート約140円で換算すると、約3,372億円であります。

そして負債が460億円で純資産が2,912億円なので、かなり負債への依存度が低く、財政面でかなり良好な会社であると言えます。

純資産が2,912億円という会社に対して3兆3,000億円もの大金をはたくっていうのは、一見無謀というか少し無茶しすぎなんじゃないかといった印象を受けますが、買収をするときは基本的に被買収会社の資産と負債をすべて時価評価した上で企業結合の仕訳を計上するので、仮に資産と負債の時価差額がかなり大きければ、そこまで大きい買収差額、つまりのれんは発生しないこととなります。

【次のページ】ARMの総資産のうちの約36%は時価評価のできないのれん