menu
Social media

ビジネス

ソフトバンクのARM買収

Cover e337505e ac12 478e bfb3 785759167f38

ソフトバンクについては否定的な記事が多い本誌(編集部注:闇株新聞)ですが、今回はあまり「突っ込みどころ」がありません。

日本が祝日だった7月18日、ソフトバンクが英国のARMホールディングス(以下ARM)を総額243億ポンド(3.4兆円)で買収すると発表しました。

先週末(7月15日)終値・1株=11.89ポンドに対し42.9%のプレミアムを加えた1株=17ポンドで全株を取得するようです。ちなみにARMの株価は英国の国民投票前日の6月23日は10.19ポンド、欧米株が揃って安値となった2月11日は8.55ポンドでした。つまり2月安値のちょうど2倍で買収することになります。

1990年設立のARMは、CPUや半導体チップの設計に関する知的所有権を保有する会社で、製造部門がなく収入の大半がロイヤリティ収入とライセンス収入となります。ARMの強みはスマートフォンで、世界で出荷されるスマートフォンの9割以上にARMの設計した半導体チップが搭載されています。

日本ではほとんど存在しない「世界中で誰が製造して誰が購入しても必ず儲かる会社」となります。

ソフトバンクが発表した資料では、ARMの2015年の売上高は円換算で1791億円(15億ドル)、純利益が578億円(6.6億ドル)とあり、売上高純利益率は32%をこえています。つまりARMは潤沢なロイヤリティ収入とライセンス収入から研究開発費をふんだんに使って技術の陳腐化を防ぐ「技術と特許の塊のような会社」となります。

ソフトバンクが支払う買収総額は2015年純利益の約60倍ですが、今後の市場の拡大とIoT(あらゆるものがネットでつながる世界)を見据えると、ソフトバンクの過去の買収のように「とんでもなく割高」という感じでもありません。

本誌がいつも言う、国内の規制された(競争が排除された)携帯電話を中心とする国内通信事業が稼ぎ出す潤沢な営業利益(2016年3月期は6953億円)を国内利用者に還元せず、シナジー効果がよくわからない海外M&Aにつぎ込むことの是非は、今回はアリババやスーパーセルなどの売却代金で大半を賄うため投資ポートフォリオの入れ替えと考えれば「ある程度」納得できます。

ソフトバンクとARMのシナジー効果はとりあえず「全くありません」が、それはここに始まったことではありません。

つまり冒頭で書いたように、今回はあまり「突っ込みどころ」がありません。

じゃあ、全く問題がないのか?というと、もちろんそうではありません。素朴な疑問は、そんなARMがなぜ慌ててソフトバンクに身売りするのか?です。

【次のページ】ARMはなぜ慌ててソフトバンクに身売りするのか?

企業動向

関連のM&Aニュース

ソフトバンクグループ<9984>、世界有数のテクノロジー企業ARMを完全子会社化

サイバーエージェント<4751>、子会社マイクロアドの株式の一部をソフトバンク<9984>に譲渡

エイベックス・グループHD<7860>、ソフトバンクグループ<9984>との合併会社を完全子会社化

ソフトバンク<9984>、米・スプリント・コーポレーション株式を追加取得

ヤマダ電機<9831>、ソフトバンクと資本業務提携

ソフトバンク<9984>、ガンホー・オンライン・エンターテイメント<3765>の株式の一部を売却

ソフトバンク<9984>、ガンホー・オンライン・エンターテイメント<3765>によるスーパーセルの株式の取得を発表。

ソフトバンク<9984>、連結子会社による公開買付けを開始。

ソフトバンク<9984>、完全子会社であるイー・アクセスの一部株式を譲渡。

ソフトバンク<9984>とイー・アクセスとの株式交換が完了。

ソフトバンク<9984>、スプリント買収(子会社化)に要する資金調達契約を締結。

ソフトバンク<9984>、イー・アクセス<9427>を株式交換によって完全子会社化。

ソフトバンク<9984>、動画配信の米Ustreamへ出資

NEXT STORY

​あなたの会社が大手に買収されたら?社員が生き残る2つの方法

​あなたの会社が大手に買収されたら?社員が生き残る2つの方法

人事コンサルタントミッキー先生による新連載が始まります。勤務先が大手企業に買収されたどうしますか?職場で生き残る方法を教えます。


注目の記事

Thumb e1b02e19 e880 4647 9b2e 9735a2922dd8

【リコー】「再成長」へM&A投資 2000億円

リコーが2018~19年度にM&Aに2000億円超を投資する方針を打ち出した。同社にとって大命題は「再成長」の一語に集約される。業績は10年近く一進一退が続き、伸びを欠いたままだ。リコー復権ののろしは上がるのか?

Thumb ec47f788 1259 4d83 bdd8 8407d10e0e92
Thumb 86c7d0cc ec0a 493b bd1c abd4c0f6d333
Thumb 360806d3 5891 4010 8d81 e5ebbe1c4544