menu
Social media

ビジネス

シチズンを見直した!フレデリック・コンスタントを買収!

Cover a0056f3f 8cb2 4c7e aee3 5f9fb619fce5
※画像はイメージです

シチズンを見直した!フレデリック・コンスタントを買収!

このニュースを知ってから数週間が過ぎ、シチズンに対するイメージを改めた。

もともと当ブログのメインWebサイトOssanShopは、2006年の立上げ時から腕時計を柱の一つにしており、海外一流ブランドの商品を相当数アップしてきた。
国内ブランドはセイコーが主体(グランドセイコー、ガランテ、クレドールに目がいっていた)になっていて、「シチズン」はホームセンターで売っているクォーツがほとんどのメーカーで、一部上場会社としての「シチズン」は異業種参入が実績を上げ好調を維持している位にしか思っていなかったのがホントのところ。

だが、実際はケタ違いの精度の高い高品質なクォーツ時計を大量生産できる国内工場を持っているのがシチズンの大きな強みであり、企業規模も巨大であるからこそ今回の買収劇のベースになっていたようだ。

シチズンホールディングスは26日、スイスの高級時計メーカー、フレデリック・コンスタントホールディングを買収すると発表した。子会社のシチズン時計が全株式を取得するが、額は明らかにしていない。 海外時計メーカーの買収は3社目になる・・・。シチズンは08年に米ブローバ社、12年にはスイスのプロサーホールディングを買収した。・・・(2016/5/26 日本経済新聞)

フレデリック・コンスタントはジュネーブに本拠に置き、技術学校で教育を受け優秀な技術と経験がある時計職人を抱え、デザインから最終組み立てまでを一貫して自社で行っている。

フレデリック・コンスタントほどの精密かつ複雑なムーブメントを正確に製造できるメーカーはスイス国内でもそうはない。 また、文字盤職人であった創業者の意思を受け継ぎ、ダイヤルのカッティング技術、文字盤のエナメル仕上げなど、その美しさは比類なきものとなっている。
真摯なモノづくりの姿勢とコストパフォーマンスの高さが「スイス時計メーカーの良心」であり人気が高まっている一番の理由になっている。

フレデリック・コンスタント クラシック マニュファクチュール Ref.FC-710MC4H6

フレデリック・コンスタント クラシックハートビートデイトラウンド 世界限定500本 Ref.FC-315MPB3P6 2016年イヤ―リミティッドエディション

・OssanShopのカテゴリ>腕時計>フレデリック・コンスタント

企業動向

関連のM&Aニュース

NEXT STORY

英高級靴のジミーチュウが身売り検討。コーチが有力か

英高級靴のジミーチュウが身売り検討。コーチが有力か

ケイト・スペードに続き、コーチは高級靴ブランドのジミーチュウを買収するのでは?との憶測もあるようです。コーチは2005年に靴ブランドのスチュアート・ワイツマンを買収しています。


注目の記事

Thumb e1b02e19 e880 4647 9b2e 9735a2922dd8

【リコー】「再成長」へM&A投資 2000億円

リコーが2018~19年度にM&Aに2000億円超を投資する方針を打ち出した。同社にとって大命題は「再成長」の一語に集約される。業績は10年近く一進一退が続き、伸びを欠いたままだ。リコー復権ののろしは上がるのか?

Thumb 5535fbd2 d91a 4fbd a0be 6bc68475be6d
Thumb 88ffbc7d d8c1 4c46 a94a d5f6737c0e91
Thumb 86c7d0cc ec0a 493b bd1c abd4c0f6d333