menu
Social media

ビジネス

ミネベアグループ・ミツミ電機「統合に伴う取引先」調査

Cover 31a8d844 b616 4bc1 940d d08947535d0c

 2017年4月の経営統合を目指し基本合意書を締結した精密機械加工のミネベア(株)(TSR企業コード:411007688、東京都港区、東証1部) と、ミツミ電機(株)(TSR企業コード:290236819、東京都多摩市、東証1部)の取引先は、重複が極めて少なく経営効率が高いことがわかった。

 今回の調査は、ミネベアと同社連結会社4社(以下、ミネベアグループ)とミツミ電機の1次および2次取引先を企業情報サービス「tsr-van2」の企業相関図を利用して、業種や地区、両社と取引している企業を分析してまとめた。

 ミネベアグループの1次仕入先は409社、ミツミ電機の1次仕入先は299社で、合計708社。このうち、両社の1次仕入先の重複は12社にとどまった。

 一方、1次販売先(直接販売先)はミネベアグループが119社、ミツミ電機が58社で、合計は177社。このうち、両社の1次販売先の重複は1社のみで、仕入・販売ともに重複が少なかった。

 ミネベアはベアリングや液晶バックライトなど精密加工を得意とし、ミツミ電機は半導体デバイスなど電子部品が主力となっている。そのため、今回の経営統 合では仕入先および販売先とも重複が少ないことが大きな特徴となっている。経営統合で両社の得意とする技術を活かすと同時に、工場の相互活用や生産拠点の 最適化も進め、両社の企業価値をさらに向上させたい意向だ。

TSR

関連のM&Aニュース

NEXT STORY

非上場会社において株式買取請求がなされ、裁判所が収益還元法を用いて株式の買取価格を決定する際に非流動性ディスカウントを行うことはできないとされた事例

非上場会社において株式買取請求がなされ、裁判所が収益還元法を用いて株式の買取価格を決定する際に非流動性ディスカウントを行うことはできないとされた事例

とある企業の株主が吸収合併に反対、同時に株式買取を請求する事案があった。しかし買取価格で折り合いがつかず、価格決定を申し立てたが、その判決について高裁と最高裁で判断が分かれた。この事例はどういう判断が下されたのか。フォーサイト総合法律事務所の代表パートナー弁護士 大村 健(たけし)氏が解説する。


注目の記事

Thumb 360806d3 5891 4010 8d81 e5ebbe1c4544

【ビジョナリーHD】「視界不良」のメガネスーパーが復活した理由

経営危機のどん底からよみがえった「メガネスーパー」。2017年に持株会社制へ移行し、「ビジョナリーホールディングス」として新たな歴史を刻み始めている。投資ファンドによる再建を果たした同社は、M&Aで新分野を開拓し、次なる飛躍を果たそうとしている

Thumb ec47f788 1259 4d83 bdd8 8407d10e0e92
Thumb 5535fbd2 d91a 4fbd a0be 6bc68475be6d
Thumb fc3e0390 342b 4215 a82c 567609f5a344