シャープが鴻海グループの支援提案を受け入れ

 シャープ(大阪府)は、鴻海精密工業(台湾、以下、鴻海)、鴻海の完全子会社である4社を割当先とする第三者割当による新株式の発行を行うことが決議され、経営権を鴻海グループに譲渡する。

 鴻海は約6500億円を出資するほか、銀行が保有しているシャープの優先株1000億円分を買い取る。残り1000億円分は銀行が保有を継続する。
詳しく読む

 ところで、シャープは、2009年から7年間、危機感を感じていたのだろうか。
そして、12年から4年間、破綻が目の前に迫った危機的状況と認識していたのだろうか。
詳しく読む

次々と予測的中? その他の決断を見誤った?! 企業の分析

1.東芝 https://maonline.jp/articles/toshiba0070

【関連記事】(前編)不適切会計と粉飾決算の違いとは?
https://maonline.jp/articles/arai0065

【関連記事】(後編)不適切会計と粉飾決算の違いとは?
https://maonline.jp/articles/arai0077

2.スカイマーク https://maonline.jp/articles/sky0109

3.ワタミ https://maonline.jp/articles/splendid0069

4.破綻・破綻懸念・要コンサルの考察 ~日本航空ほか、破綻した企業を分析https://maonline.jp/articles/hatan0115

まとめ:M&A Online編集部