menu
Social media

ビジネス

​日経新聞の記事に思う(1)

Cover 749e0af8 de36 473a ab1b 81270c96101f
※画像はイメージです

東芝<6502>、キヤノン<7751>に売却 医療機器子会社7000億円強

第二次入札に参加した3社の中ではもっとも経営体力が強いキヤノンが競り勝った。

先端医療機器ビジネスは、本来日本が強みを有する成長分野であるので、今回のM&Aを機会に欧米の医療機器メーカーと堂々と勝負し勝ち抜いていって欲しい。

日本は先端医療機器ビジネスに必要とされる精密加工技術や光学やメカトロニクス等に圧倒的に強みを有しており、メーカーを支える下請け企業にも優秀な企業が多い。

医療機器の世界市場は2013年で40兆円に迫り、18年には50兆円を超えるという。

東芝の医療機器事業部門はこれまで経営体力に劣る東芝の傘下で十分な成長投資が行われてきたのかは疑問である。

実質無借金でキャッシュフロー十分、財務内容抜群のキヤノンの傘下に入ることで成長の為の必要な資金はタイムリーに投入されるようになるだろう。

日刊工業新聞の今朝の記事によるとキヤノンの御手洗会長は「全てを本社からコントロールするつもりはない」と買収した会社の経営の独立性を維持する方針を示しているとのこと。

キヤノンの経営数値をもう一度見てみよう。

年商:3.8兆円 2014年12月
純利益:2547億円
医療機器の売上:非公開(小さいものと推測される)
自己資本比率:66% 有利子負債17億円があるが、現預金が84億円あり実質無借金
ROE:8.7%

東芝メディカルの売上は4000億円であるが、キヤノンの医療機器の売上はまだ数百億円規模である。

東芝メディカルの社員の方々が今回のM&Aは大きな飛躍のチャンスであることを認識され、益々業務に精励されることを期待したい。

この記事は、2016年3月10日付「海外事業の助っ人 深川国際経営」ブログより転載しております。
http://ameblo.jp/kokusai-keiei/entry-12137636829.h...

関連記事はこちら

【キヤノン】東芝メディカルシステムズの買収の先に見据えるものは?
【東芝】 M&Aで失墜からの復活なるか

M&A Online編集部

M&Aをもっと身近に。

これが、M&A(企業の合併・買収)とM&Aにまつわる身近な情報をM&Aの専門家だけでなく、広く一般の方々にも提供するメディア、M&A Onlineのメッセージです。私たちに大切なことは、M&Aに対する正しい知識と判断基準を持つことだと考えています。M&A Onlineは、広くM&Aの情報を収集・発信しながら、日本の産業がM&Aによって力強さを増していく姿を、読者の皆様と一緒にしっかりと見届けていきたいと考えています。


企業動向

関連のM&Aニュース

東芝<6502>、WH関連の米子会社を売却

東芝<6502>第三者割当による新株式の発行を決議

東芝<6502>、映像事業子会社株式を譲渡

東芝<6502>の連結子会社、ビジネストラベルジャパン株式を譲渡

東芝<6502>、社内カンパニーの会社分割による分社化の方針を決定

東芝<6502>、英原発会社の全株式を買い取り

東芝<6502>、IHI<7013>よりウェスチングハウス社出資持分取得

東芝<6502>、メモリ事業を会社分割により分社化

東芝<6502>、子会社の家庭用電気機械メーカーを約537億円で譲渡

東芝<6502>、中国の家電メーカーに家庭電器事業を譲渡する基本合意書を締結

東芝<6502>、東芝メディカルシステムズをキヤノン<7751>へ約6655億円で譲渡

東芝<6502>、東芝医用ファイナンスを子会社化

東芝<6502>、パソコン事業を子会社と統合

東芝<6502>、インドネシアのテレビ・二層式洗濯機工場を売却

東芝<6502>、NREG東芝不動産の保有株式を野村不動産HD<3231>に売却

東芝<6502>、精密光学機器・製造販売会社の保有株式を売却

東芝<6502>、ウェスチングハウスへの出資比率引き上げ。

東芝メディカルシステムズ、バイタル・イメージへの公開買付を完了

東芝<6502>、ランディス・ギアの全株式を取得

東芝メディカルシステムズ、バイタル・イメージを買収

東芝<6502>、米国ウラン濃縮会社・ユーゼック社への第一回出資を完了

IHI<7013>と東芝<6502>、原子力発電所向けタービン用機器の製造を目的とする合弁会社を設立

東芝<6502>、東光電気<6921>と計器事業を経営統合

NEXT STORY

【短期集中連載】ネクストステージに向かう日本企業のM&A戦略/マーサージャパン グローバルM&Aコンサルティング部門プリンシパル、佐々木玲子氏 インタビュー

【短期集中連載】ネクストステージに向かう日本企業のM&A戦略/マーサージャパン グローバルM&Aコンサルティング部門プリンシパル、佐々木玲子氏 インタビュー

買収だけにとどまらず売却する側のM&Aを手掛ける日本企業も増えてきている。マーサージャパン佐々木玲子氏が語る、日本企業が目指すM&Aの新たなステージとは何か。売り手としての日本企業のM&A戦略のあり方とは。ネクストステージに向かう日本企業のM&A戦略についてインタビューを行った。


注目の記事

Thumb e1b02e19 e880 4647 9b2e 9735a2922dd8

【リコー】「再成長」へM&A投資 2000億円

リコーが2018~19年度にM&Aに2000億円超を投資する方針を打ち出した。同社にとって大命題は「再成長」の一語に集約される。業績は10年近く一進一退が続き、伸びを欠いたままだ。リコー復権ののろしは上がるのか?

Thumb ec47f788 1259 4d83 bdd8 8407d10e0e92
Thumb 86c7d0cc ec0a 493b bd1c abd4c0f6d333
Thumb 360806d3 5891 4010 8d81 e5ebbe1c4544