M&A速報

日本アジアグループ<3751>、SMO事業のコスメックスを売却

2010/07/21

日本アジアグループは治験施設支援機関(SMO)事業のコスメックス(東京都新宿区。売上高1億6700万円、営業利益2000万円、純資産8700万円)の全株式を、アント・ケアビジネス2号投資事業有限責任組合(東京都千代田区)に譲渡することを決議した。

日本アジアグループはグループ内の組織再編を進めており、「金融サービス事業」と「技術サービス事業」に経営資源を集中させ、より効率的で戦略的な経営体制を目指している。SMO事業や化粧品ラボを手がけるコスメックスはコア事業とのシナジーが見込めないとして売却を決めた。

譲渡価格は7000万円。譲渡予定日は2010年7月23日。

M&Aデータベース

関連の記事

【11月M&Aサマリー】3月以来の月間80件台、金額も復調傾向

【11月M&Aサマリー】3月以来の月間80件台、金額も復調傾向

2020/12/04

2020年11月のM&A件数は前年同月比5件減の81件となり、4カ月連続で前年を下回った。ただ、11月として過去10年で最多だった前年に次ぐ高水準。月間80件を超えるのは「コロナ禍」初期の3月以来で、件数面での腰折れ懸念はひとまず払拭した。

再びMBOが増える理由は?「脱上場」企業が9年ぶりに2ケタに

再びMBOが増える理由は?「脱上場」企業が9年ぶりに2ケタに

2020/11/10

2020年の上場企業におけるMBO(経営陣による買収)が10件に達し、9年ぶりに2ケタに乗せた。いずれも株式の非公開化を目的とし、上場企業の看板を返上する決断だ。究極の買収防衛策ともいわれるMBOが再び増えているのには理由があるのだろうか?

【極楽湯HD】国内M&Aと中国フランチャイズで成長軌道に

【極楽湯HD】国内M&Aと中国フランチャイズで成長軌道に

2020/03/26

極楽湯ホールディングスが2019年、2020年と立て続けにM&Aを実施し、国内店舗数の増加と運営体制の強化を進めている。一方、中国ではフランチャイズを中心に店舗数を増やし、事業規模の拡大に取り組んでいく計画だ。

関連のM&Aニュース

M&A速報検索

クリア