M&A速報

日本アジアグループ、旧村上系投資会社のTOBに反対表明

2021/02/19

日本アジアグループは19日、同社の子会社化を目的に旧村上ファンド系投資会社のシティインデックスイレブンス(東京都渋谷区)が2月5日に始めたTOB(株式公開買い付け)について反対意見を表明した。「当社の事業内容に一切関心を持っておらず、企業価値、株主価値を毀損するおそれがある」などとしている。これにより、今年2例目の敵対的TOBに発展した。

日本アジアを巡っては2月初めまで米投資ファンドのカーライル・グループと共同でMBO(経営陣による買収)が行われたが、不調に終わっている。

シティインデックスイレブンスは旧村上ファンド系投資会社。同社は日本アジア株について1株1210円の買付価格を提示し、3月22日までTOBを実施中。全株取得を目指しており、買付代金は最大約264億円。19日の日本アジア株の終値は1233円。

2021年に入り、敵対的TOBは日本製鉄が実施中の東京製綱に対する案件に続き2例目。

関連の記事

関連のM&Aデータベース

No. 開示日 買い手 対象企業・事業 売り手 業種 ▽ スキーム ▽ 取引総額(百万円) ▽ タイトル
1
2018年8月3日
Envision AESC Holding Ltd
オートモーティブエナジーサプライ(株)
非公表
2
2018年8月3日
(株)東洋クオリティワン
軟質ウレタン事業(新設会社)、(株)エフ・シー・シー
非公表
3
2018年8月3日
殺虫剤「バルサン」事業、ライオンパッケージング(株)
1,400
4
2018年8月3日
井口建設(株)
白木良雄氏、白木律子氏
256
5
2018年8月3日
婦人靴の企画開発、販売事業(Misuzu & Co.(株))
三鈴商事(株)
120
6
2018年8月2日
67,235

M&A速報検索

クリア

アクセスランキング

【M&A速報】よく読まれている記事ベスト5