ジー・エフグループは、日本アジアグループ、モスインスティテュートと2009年2月20日に合併することを決定したと発表した。ジー・エフグループを存続会社とする吸収合併で、日本アジアグループとモスインスティテュートは解散する。

3社はこれまでも緊密な関係にあったが厳しい経済・経営環境の中、傘下のグループ各社の経営資源を効率的、最大限に活用するため経営統合することを決めた。ジー・エフグループのマーケティング資源を、日本アジアグループのコンピューターシステム開発会社やモスインスティテュートの医薬品臨床試験事業などに活用し、3社のグループ企業各社の継続的な発展を目指す。

合併比率は未定。