ご注意ください
この記事は公開から1年以上経っています。掲載されている情報は、公開当時のものです。

「電子お薬手帳」NTTドコモが目指す業界標準

alt
ソニーのリリースより

ソニー、シミック協業は新たなヘルスケアビジネスの第一歩

一方のシミックホールディングスは1992年に日本で初めて医薬品開発支援事業を始めた。現在、開発、製造、営業・マーケティングまでの医薬品に関する総合的な支援業務を提供する。シミックヘルスケアはハルモでリアルタイムに管理できる調剤データを活用して、患者とコミュニケーションがとれるデジタルチャネルを強化し、服薬期間中の患者をフォローするなどの新サービスを立ち上げる。

シミックホールディングスの中村和男最高経営責任者(CEO)は「ソニーとの協業は今後のヘルスケアに関する社会課題解決のあり方に、一石を投じる先進的な取り組み」と高く評価し、今回の協業が両社にとって新たなヘルスケアビジネスの第一歩になるとの見通しを示した。

政府が後押しする電子お薬手帳はスマートホンを活用するため、若い世代にも容易に受け入れられそう。ソニーによると「近くに加盟薬局はないがアプリは使いたい」という声もあるという。今後、話題のスマートホン決済サービスなどと連動した電子お薬手帳など、新手のサービスの登場もありそうだ。

文:M&A Online編集部

M&A Online編集部

M&Aをもっと身近に。

これが、M&A(企業の合併・買収)とM&Aにまつわる身近な情報をM&Aの専門家だけでなく、広く一般の方々にも提供するメディア、M&A Onlineのメッセージです。私たちに大切なことは、M&Aに対する正しい知識と判断基準を持つことだと考えています。M&A Onlineは、広くM&Aの情報を収集・発信しながら、日本の産業がM&Aによって力強さを増していく姿を、読者の皆様と一緒にしっかりと見届けていきたいと考えています。


NEXT STORY

PayPayが2重キャンペーン プレミアムフライデーで

PayPayが2重キャンペーン プレミアムフライデーで

2019/03/26

ソフトバンク系のスマートホン決済サービスを手がけるPayPayが支払額の20%を還元するキャンペーンをかぶせてきた。LINE Pay、楽天ペイ、d払いを交えたキャンペーン合戦は混沌としてきた。

関連のM&Aニュース