トップ > ビジネスと経済 > 業界動向 >2019年上半期のM&A件数 2%の増加予想  鈍化傾向に

2019年上半期のM&A件数 2%の増加予想  鈍化傾向に

※この記事は公開から1年以上経っています。
alt
米国ニューヨークの高層ビル(北米地域は2019年上期にM&A件数が5%伸びる予想)

投資や金融ソフトウェア対応サービスを提供する米国のSS&Cテクノロジーズによると、2019年上半期(2019年1月-6月)の全世界のM&A件数は前年同期比2%増加する見込み。

地域別にみると「北米地域」が同5%増と高い伸びを示し全体を引き上げる。前回調査の第1四半期(2019年1月-3月)予想で、同14%増という急拡大が見込まれていた「アジア太平洋地域」は上半期では同4%増と減速、2位にとどまる。第一四半期予想でプラスだった「欧州、中東、アフリカ地域」と「中南米地域」は上半期ではマイナスに転じており、M&Aに鈍化傾向がみられる...

この記事は会員専用です。
無料会員に登録して、今すぐ続きをチェックしよう!
会員登録をする(無料)

NEXT STORY