menu
Social media

ビジネス

企業の豊かさとは何か?

Cover 42e8229c a7f8 4e4c acd6 1a96016046a2
※画像はイメージです

こんにちは。ビズサプリの花房です。師走となり、年末特有のイベントや来年に向けての仕事の整理など、多くの方は通常月よりも忙しくされることと思います。さて今回のビズサプリ通信では、最近特に目立って来ている企業不正の根本原因から、企業の社会的な役割について再考してみたいと思います。

 1.相次ぐ不正問題とその問題の本質

今年のビズサプリ通信では、東芝の不正問題について多く取り上げてきましたが、不正自体は2015年に起こったもので、今年は監査報告書が出来るかどうかと上場維持問題にスポットライトが当たっていました。ところが、9月以降は立て続けに、日産の無資格者による検査不備、神戸製鋼所、三菱マテリアル、東レの品質データの改ざんが発覚し、日本のものづくりへの信頼性の危機のように取り上げられています。

いずれも今年たまたま行われたというものではなく、30年とか40年と言った前から行われていたような証言も出て来ています。原因の究明は道半ばですが、すでに経営トップが辞任に追い込まれるなど、その影響が徐々に波及しています。

このような不正がなぜ起こったかということについては、過去の事例も含めてコンプライアンス意識・モラルの低下、経営陣・上司からのプレッシャー、隠ぺい体質といった経営風土上の問題があった等、様々な理由が挙げられるのですが、突き詰めるところ、多くの場合は結局「利益」の成長を続けなければならないという市場からの圧力によることが、多くの場合の不正問題の本質ではないかと考えています。そうであれば、増収増益による成長を続ける企業が、最も優れている企業であるという評価に対応するため、経営者として無理をしてまで利益を確保する縛りを逆になくせばいいのではないか、と思うのです。

 2.資本主義経済とガバナンス強化

上記のことについては、上場会社である以上、会社を成長させることが経営者に課せられるミッションであり、増収増益を続けて行くことが、投資家に対しての責任を果たすことであって、そのプレッシャーに屈して不正を働くことのないよう、内部統制を整備・運用し、コンプライアンス遵守の体制を強化し、企業風土を含めた企業のガバナンスを向上させることで、不正を防げるのであるから、その上でやはり利益を追求して行くべきだと言った反論があることはもちろん承知しています。

しかしながら、経済の成熟した先進国にとって、一般市民にとって食べて行くために稼ぐことが人生のすべてではなく、価値観が多様化し、少子高齢化が進み、国内市場の成長が見込めない中で、マーケットがゼロサム、場合によっては縮小を余儀なくされる厳しい状況の中で会社を成長させていかなければならないのと、高度成長期に代表されるマーケット自体が成長する時代において、それなりにやっていれば企業を成長させられるのでは、ITの技術革新などで新たに作り出される産業は別として、旧態依然の既存産業については競争環境があまりに違い過ぎるように思います(事実、今回立て続けに不正が発覚している企業は全て、素材産業や製造業と言った、かつて日本の中心となっていた産業ではないでしょうか)。

企業の不祥事・不正問題

関連のM&Aニュース

東芝<6502>、WH関連の米子会社を売却

東芝<6502>第三者割当による新株式の発行を決議

東芝<6502>、映像事業子会社株式を譲渡

東芝<6502>の連結子会社、ビジネストラベルジャパン株式を譲渡

日産自動車<7201>、GSRキャピタルグループへバッテリー事業を譲渡

東芝<6502>、社内カンパニーの会社分割による分社化の方針を決定

東芝<6502>、英原発会社の全株式を買い取り

東芝<6502>、IHI<7013>よりウェスチングハウス社出資持分取得

東芝<6502>、メモリ事業を会社分割により分社化

日産自動車<7201>、カルソニックカンセイ<7248>を売却

日産自動車<7201>、三菱自動車工業<7211>の第三者割当増資引受けにより筆頭株主へ

東芝<6502>、子会社の家庭用電気機械メーカーを約537億円で譲渡

東芝<6502>、中国の家電メーカーに家庭電器事業を譲渡する基本合意書を締結

東芝<6502>、東芝メディカルシステムズをキヤノン<7751>へ約6655億円で譲渡

東芝<6502>、東芝医用ファイナンスを子会社化

東芝<6502>、パソコン事業を子会社と統合

東芝<6502>、インドネシアのテレビ・二層式洗濯機工場を売却

東芝<6502>、NREG東芝不動産の保有株式を野村不動産HD<3231>に売却

東芝<6502>、精密光学機器・製造販売会社の保有株式を売却

日産自動車<7201>、株式交換により愛知機械工業<7263>を完全子会社化。

東芝<6502>、ウェスチングハウスへの出資比率引き上げ。

東芝メディカルシステムズ、バイタル・イメージへの公開買付を完了

日産自動車<7201>と三菱自動車<7211>が軽自動車事業で合弁会社設立

東芝<6502>、ランディス・ギアの全株式を取得

東芝メディカルシステムズ、バイタル・イメージを買収

東芝<6502>、米国ウラン濃縮会社・ユーゼック社への第一回出資を完了

IHI<7013>と東芝<6502>、原子力発電所向けタービン用機器の製造を目的とする合弁会社を設立

東芝<6502>、東光電気<6921>と計器事業を経営統合

NEXT STORY

作家・黒木亮がセレクトした「世界の富のカラクリを知る」ための本

作家・黒木亮がセレクトした「世界の富のカラクリを知る」ための本

ハイブリッド型総合書店「honto(ホント)」で好評の「ブックツリー」は、本の専門家たちが 独自の切り口で自由におすすめの本を紹介する企画。その数あるブックツリーの中から 、ビジネスパーソン向けのものを編集部が厳選! 今回は、作家・黒木亮がセレクトした「世界の富のカラクリを知る」ための本を紹介する。


注目の記事

Thumb 360806d3 5891 4010 8d81 e5ebbe1c4544

【ビジョナリーHD】「視界不良」のメガネスーパーが復活した理由

経営危機のどん底からよみがえった「メガネスーパー」。2017年に持株会社制へ移行し、「ビジョナリーホールディングス」として新たな歴史を刻み始めている。投資ファンドによる再建を果たした同社は、M&Aで新分野を開拓し、次なる飛躍を果たそうとしている

Thumb ec47f788 1259 4d83 bdd8 8407d10e0e92
Thumb 5535fbd2 d91a 4fbd a0be 6bc68475be6d
Thumb fc3e0390 342b 4215 a82c 567609f5a344