三井不動産は、日本たばこ(JT)傘下のフロンティア不動産投資法人(東京都港区)の資産運用会社であるフロンティア・リート・マネジメント(東京都港区)の全株式を取得し子会社化することを決議した。

三井不動産は不動産投資市場でJ-REITなどによる預かり資産の拡大を通じて「マネジメント事業」を成長させている。今回フロンティア投資法人と協力関係を構築することで、商業施設の開発や運営に関わる経験とノウハウを活かし、「マネジメント事業」の強化とバランスのとれた成長を目指す。

取得価額は非公表。取得予定日は2008年3月24日。

また三井不動産は同時に、フロンティア不動産投資法人の第三者割当増資を引き受ける。増資引受額は96億円相当。