通学定期が6割以上値下げされる北総鉄道とは?なぜ運賃が高い?

alt

「首都圏で最も運賃が高い」とも言われ、住民から訴訟まで起こされた北総鉄道(千葉県鎌ケ谷市)の運賃が2022年10月1日に改定され、平均で14.5%、通学定期では64.7%も値下げされることになった。同社が運営する「北総線」の京成高砂駅から印旛日本医大駅(32.3km)までの運賃は現在840円だが、これは「小田急線」の新宿駅から小田原駅の3駅手前にある富水駅(77.8km)までの運賃と同じ。1km当たりの運賃は実に2倍となる。なぜここまで運賃が跳ね上がったのか?

複雑な「背景」を持つ北総鉄道

そもそも北総電鉄の歴史がややこしい。同社は1972年5月に京成電鉄グループが東京都心と千葉ニュータウンを結ぶ路線を運行する北総開発鉄道として設立された。しかし、京成電鉄の経営悪化で千葉ニュータウンを開発する千葉県や1973年に千葉ニュータウン開発に参画した宅地開発公団(現・都市再生機構)、沿線自治体、金融機関が出資して第三セクター会社となる。ただ現在も株式の50%を所有する京成電鉄の子会社だ。

1979年3月に「新京成線」の北初富駅から千葉ニュータウンの入口となる小室駅までの7.9kmが開通。1984年3月には「住宅・都市整備公団千葉ニュータウン線」の小室駅〜千葉ニュータウン中央駅間(4.0km)と接続した。住宅・都市整備公団は鉄道運行を手がけず、北総電鉄が同線を使用して運行する第2種鉄道事業者となり「北総線」として営業をしている。

1991年3月に京成高砂駅から新鎌ヶ谷駅までの12.7kmが開通し、「京成線」経由で「都営浅草線」と直通運転を始めた。東京都心からの利便性は高まったが、バブル経済の崩壊で千葉ニュータウンの分譲が大きく落ち込み、将来の収支に暗雲が立ち込める。

1995年4月に「住宅・都市整備公団千葉ニュータウン線」の千葉ニュータウン中央駅と印西牧の原駅を結ぶ4.7kmが、2000年7月には印西牧の原駅と印旛日本医大駅を結ぶ3.8kmが、それぞれ完成し、北総電鉄が「北総線」に組み込んで運行を始めた。着々と路線は延長されたものの景気低迷が長引いて沿線開発は進まず、多額の建設費返済が北総鉄道にのしかかる。

NEXT STORY

京王線国領駅刃物放火男事件で「ホームドアリスク」が急浮上

京王線国領駅刃物放火男事件で「ホームドアリスク」が急浮上

2021/10/31

静かな日曜夜の電車が一転、阿鼻叫喚の地獄絵図となった。午後8時頃に京王線国領駅構内の電車内で20代の男性容疑者が刃物を振りまわして車内で放火、17人がケガをした。この事件でクローズアップされたのが「安全設備」のはずのホームドアリスクだ。