M&A速報

博報堂DYホールディングス<2433>、バックスグループ<4306>を完全子会社化

2011/10/11

博報堂DYホールディングスは子会社の博報堂(東京都港区)を通じて、バックスグループに対しTOB(株式公開買い付け)を実施すると発表した。完全子会社化を目指す。バックスグループはTOBに賛同を表明している。

人材派遣を主力事業とするバックスグループは、所得や雇用環境の低迷が長期化し、厳しい経営環境に置かれている。博報堂は同社を完全子会社化し、営業や人事交流などでの相乗効果を追求するほか、中長期的な視点に立った経営資源の選択と集中を進める。

買付価格は1株あたり2万5000円。公表前営業日の終値2万450円に対して22.25%のプレミアムを加えた。買付予定数は13万6167株(下限は8万8232株)で、買付総額は最大33億3900万円。買付予定数に上限を設定していないため、公開買付けの結果次第でバックスグループは上場廃止となる可能性がある。買付期間は2011年10月18日から11月30日まで。決済の開始日は12月7日。

関連の記事

【博報堂DYホールディングス】世界に通用するノウハウの買収を仕掛け、電通と異なる成長を

【博報堂DYホールディングス】世界に通用するノウハウの買収を仕掛け、電通と異なる成長を

2016/06/25

2014年5月、社内カンパニーの「kyu」を発足からM&Aを強化しだした博報堂DYホールディングス。電通のように買収による派手な規模的な成長を得るのではなく、アシュトン・コンサルティング、Digital Kitchenの買収に見られるように、世界に通用するノウハウの買収を仕掛けている。シナジーによってオーガニック成長を促すのが当面の方向性か? 業績やBSの推移から探る。

関連のM&Aニュース

M&A速報検索

クリア