日本たばこ産業は、エジプトの大手水たばこ会社Al Nakhla Tabacco Company S. A. E.(カイロ市)及びAl Nakhla Tabacco Company - Free Zone S. A. E.(シェビン・エル・コム市)の全株式を取得することを決議した。売上高は2社合計で約88億円。

Nakhlaは水たばこを中東及び北アフリカを中心に85カ国へ輸出。水たばこのアロマティック製品分野ではエジプトにおいて70%のシェアを有する。2011年の総販売数量は約2万4000トン(紙巻きたばこ換算で240億本相当)。日本たばこ産業はNakhla社を子会社化することで、水たばこ事業における成長機会を獲得するとともに、エジプト紙巻きたばこ市場における事業展開の足がかりとする。

取得価額は非公表。取得予定日は2012年度中。