松本取締役「役目は半分終わった」

 会見に詰めかけた記者からは、損失の具体的な金額、売却対象となるグループ企業への質問が相次いだ。瀬戸社長は明言を避け、「今期中に大きく踏み込んで損失を確定させたい」と強調するにとどめた。

 構造改革担当の松本取締役は、構造改革のスピード感を問われ、「まあまあ」と評価した。瀬戸社長と松本社長のコミュニケーションは取れており、ロードマップで進捗を確認しているという。
 松本取締役は「ひとつひとつやっていけば2019年には少しずつ回復し、2020年には本格復活できるのではないか」と見通しを述べた。
 自身の去就を問われ、松本取締役は「役目は半分終わったと感じている」としながらも、「去就は決めていないが、瀬戸社長との関係は切れることはない」と明言した。
 第4四半期で一層の事業売却を進め、2019年3月期で損失を確定、来期への黒字復活を見すえている。RIZAPグループが「減量」をコミットできるか注目される。

(東京商工リサーチ発行「TSR情報全国版」2019年2月18日号掲載予定「Weekly Topics」を再編集)

東京商工リサーチ「データを読む」より