ワタミ<7522>のM&A戦略に変化が現れてきた。同社は2019年2月18日に、飲食店事業の香港合弁会社Watami China Food & Beverage Company Limitedを完全子会社化する。

ワタミは2015年3月期に営業赤字に転落したのを機に、食ビジネスに経営資源を集中するとともに、財務体質の改善に取り組み、2018年までの3年間で4件の子会社売却を実施した。

こうした取り組みの成果が現れ、2017年3月期に1億8200万円とわずかだが営業黒字に転換。2018年3月期は6億5600万円の営業利益を確保。2019年3月期も7億円の営業利益を見込んでおり、黒字基調が定着してきた。

こうした業績の改善に伴って、M&A戦略に変化が現れてきたわけで、今後どのような手を打ってくるのか。何かと話題の企業だけに注目が集まる。

5期連続の減収 増収に転じる作戦は?

完全子会社化するWatami China Food & Beverage Company Limitedは、合弁パートナーである香港Beautiful Oriental Groupが保有する株式(60%)を取得し、現在40%の持ち株比率を100%に引き上げるという内容。

Watami China Food & Beverage Companyは2016年に、中国やアジアでの日本食市場の拡大を目的に設立されたが、協業のメリットが少なかったため、子会社化によりテコ入れすることした。

ワタミは営業赤字に陥った2015年に、全国111カ所の介護付有料老人ホームを運営する完全子会社のワタミの介護を、損保ジャパン日本興亜ホールディングス(現・SOMPOホールディングス<8630>)に210億円で譲渡することを決めた。

赤字が続く翌2016年にも廃棄物処理管理や再生可能エネルギーなどの環境事業を展開する完全子会社のワタミファーム&エナジーの2つの子会社を、再生可能エネルギーの開発、運営、保守を行うCSSに譲渡することを決めた。

同じ2016年には中国の日本食外食事業子会社を、中国の大手航空会社である海南航空グループに、2018年には手づくり厨房白岡センターの食品加工事業を新東京デリカにそれぞれ譲渡することを決めた。

ワタミの沿革と主なM&A
1984 渡美商事を設立。「つぼ八」本部とフランチャイズ契約を締結
1986 ワタミを設立
1998 東京証券取引所市場第二部に株式を上場
2000 東京証券取引所市場第一部に株式を上場
2004 農業生産法人当麻グリーンライフと資本提携し、グループ会社化
2005 アールの介護の全株式を取得
2005 ワタミメディカルサービスが自社開発の高齢者マンション(住宅型有料老人ホーム)一号棟を開設
2006 アールの介護とワタミメディカルサービスが合併しワタミの介護に社名を変更
2008 タクショクの全株式を取得
2011 ワタミの介護がデイサービスを開始
2011 ワタミフードサービスがティージーアイ・フライデーズ・ジャパンを吸収合併
2015 子会社のワタミの介護を譲渡
2016 子会社の太陽光発電事業会社2社を譲渡
2016 中国における日本食外食事業子会社を譲渡
2018 手づくり厨房白岡センターの食品加工事業を新東京デリカに譲渡
2019 飲食店事業の香港合弁会社Watami China Food & Beverage Company Limitedを子会社化

ワタミの利益は改善の傾向を示しているものの、売上高は2015年3月期に減収に転じて以来2019年3月期まで5期連続でマイナスとなる見込み。5年間で4割以上売り上げ規模が縮小した計算になる。

介護事業や再生エネルギー事業を切り離し、身軽になったワタミは、どのような方法で増収に転じる作戦なのか。ここ数年は異業種企業の買収が裏目に出た格好だけに、当面は食ビジネスでのM&Aの出番が多くなりそうだが…。

文:M&A Online編集部