RIZAPグループの記事一覧

RIZAP、3年ぶりの営業黒字はなるか?

RIZAP、3年ぶりの営業黒字はなるか?

RIZAPグループがコロナ危機の中、踏ん張りを見せている。2020年4~12月期の営業損益は27億円の黒字となり、通期(21年3月期)で3年ぶりの営業黒字を視野に入れる。ただ、足元は緊急事態宣言が再発令中で、ぎりぎりの攻防となりそうだ。

記事を読む
【12月M&Aサマリー】過去最多に並ぶ78件、案件規模も復調傾向へ

【12月M&Aサマリー】過去最多に並ぶ78件、案件規模も復調傾向へ

2020年12月のM&Aは前年同月と同数の78件となり、過去10年で最多だった2019年に並んだ。取引金額10億円超のM&Aは19件と2月23件、11月21件に続く年間3番目で、ここへきて「コロナ」以前の月間20件前後のペースに戻した形だ。

記事を読む
RIZAPグループ子会社3社が経営統合へ ジーンズメイトほか

RIZAPグループ子会社3社が経営統合へ ジーンズメイトほか

RIZAPグループは12月18日、連結子会社のワンダーコーポレーション、HAPiNS、ジーンズメイトの3社を経営統合すると発表した。3社はいずれも上場廃止となり、4月1日に3社の完全持株会社を設立、新会社はJASDAQに上場する。

記事を読む
8月の希望退職者募集、河西工業・ワールド・チムニーなど6社で新型コロナが引き金に

8月の希望退職者募集、河西工業・ワールド・チムニーなど6社で新型コロナが引き金に

新型コロナの影響下、希望(早期)退職者の募集が増え続けている。8月中に計画を発表した上場企業は武田薬品工業、ワールド、河西工業など8社に上り、月別では5月と並ぶ今年最多。1月からの累計では42社(延べ45社)と前年(36社)を大きく上回る。

記事を読む
貸会議室のTKP、ウィズコロナ時代の乗り切り方は?

貸会議室のTKP、ウィズコロナ時代の乗り切り方は?

貸会議室大手のティーケーピー(TKP)の業績に急ブレーキがかかっている。新型コロナ感染の拡大で、貸会議室や宴会場の需要が減り、2020年3~5月期決算の最終損益は14億7100万円の赤字(前年同期は4億900万円の黒字)に転落した。

記事を読む
【希望退職者募集】1000人のレオパレスを筆頭に上期だけで29社、昨年1年間に迫る

【希望退職者募集】1000人のレオパレスを筆頭に上期だけで29社、昨年1年間に迫る

希望退職者を募集する動きがひっきりなしだ。6月も賃貸アパート大手のレオパレス21、外食チェーンのフレンドリー、免税店大手のラオックスなど6社に上った。1~6月(上期)では合計29社に上り、昨年1年間の36社に早くも並ぶ勢いだ。

記事を読む
RIZAPが2年連続赤字、「コロナ後に強い会社に生まれ変わる」瀬戸社長

RIZAPが2年連続赤字、「コロナ後に強い会社に生まれ変わる」瀬戸社長

新型コロナの影響下、RIZAPグループがもがいている。2020年3月期決算は2年連続の営業・最終赤字となった。瀬戸健社長は「コロナ(の危機)が明けたときに、強い強い会社として生まれ変わりたい」と決意を語った。

記事を読む
【希望退職者募集】レナウン・ぱど・さいか屋…5月だけで8社|今年早くも20社超え

【希望退職者募集】レナウン・ぱど・さいか屋…5月だけで8社|今年早くも20社超え

今年に入って希望退職者の募集を発表した企業は合計24社に上り、昨年同時のほぼ2倍のハイペースで推移している。旅行や小売りなどの一部業種では新型コロナウイルスの感染拡大による業績悪化が引き金になったケースも出ている。

記事を読む
【コロナ緊急事態宣言】企業の対応一覧(9日分)|適時開示情報から

【コロナ緊急事態宣言】企業の対応一覧(9日分)|適時開示情報から

新型コロナウイルス感染拡大に伴う「緊急事態宣言」(4月7日発令)を受け、9日も企業の対策が続々と発表された。東京ディズニーランド・ディズニーシーは5月中旬まで休園期間を延長。RIZAPグループは10日から対象7都府県の全店舗を休業する。

記事を読む
【3月M&Aサマリー】86件は11年ぶりの高水準|新型コロナの影響は4月以降か?

【3月M&Aサマリー】86件は11年ぶりの高水準|新型コロナの影響は4月以降か?

2020年3月のM&A件数は前年同月を4件上回る86件となり、3月として09年(88件)以来11年ぶりの高水準を記録した。国内でも新型コロナウイルスの影響が広がる中、M&A市場への波及も懸念されていたが、数字上はひとまず先送りされた格好だ。

記事を読む
【ヤマノホールディングス】M&Aを再起動|教育分野に新規進出へ

【ヤマノホールディングス】M&Aを再起動|教育分野に新規進出へ

ヤマノホールディングスがM&A戦線に本格復帰しようとしている。昨年後半、美容室、学習塾など3件の買収を相次ぎ手がけた。2017年に上場子会社やスポーツ事業の売却で連結売上高を4割減らし、再浮上に向けて成長戦略の柱と位置づけるのがM&Aだ。

記事を読む
【M&Aサマリー11月】86件で今年最高に、ヤフー・LINEが来秋統合|旭化成は1400億円で米社買収

【M&Aサマリー11月】86件で今年最高に、ヤフー・LINEが来秋統合|旭化成は1400億円で米社買収

11月のM&Aは前年同月比12件増の86件と今年の最多を記録した。10月まで3カ月連続で前年を下回っていたが、大幅な増勢に転じたことで、変調の兆しを打ち消した格好だ。11月までのM&Aは762件で、10年ぶりに年間800件台乗せが確実に。

記事を読む
ライザップの瀬戸健社長、経営立て直しへ「下期もしっかり結果を出す」

ライザップの瀬戸健社長、経営立て直しへ「下期もしっかり結果を出す」

「この1年間取り組んできたことを通じて、やっと黒字を一歩一歩出せる状況になった」。RIZAPグループの瀬戸健社長は9月中間決算の説明会で、経営立て直しへの手ごたえを語った。来春に新中期経営計画を発表する方針も明らかにした。

記事を読む
RIZAPグループ、ジャスダック上場の『ぱど』を売却

RIZAPグループ、ジャスダック上場の『ぱど』を売却

RIZAPグループが連結子会社でフリーペーパー発行等の「ぱど」を畑野幸治氏へ売却する。譲渡価格は総額24億6700万円。畑野氏はM&A の仲介事業を行うFUNDBOOK(ファンドブック)代表取締役CEO。

記事を読む
アパレル業界のM&Aはどうなる? ジェミニ ストラテジー山田CEOに聞く

アパレル業界のM&Aはどうなる? ジェミニ ストラテジー山田CEOに聞く

アパレル業界の「地殻変動」が起こりつつある。当然、M&Aによる業界再編もアパレル各社の視野に入っているはずだ。環境はますます厳しくなる。アパレルのM&Aはどのように推移するのか。ジェミニ ストラテジー グループの山田政弘CEOに聞いた。

記事を読む
【赤字決算】千代田化工・JDI・スルガ銀…その顔ぶれを振り返る

【赤字決算】千代田化工・JDI・スルガ銀…その顔ぶれを振り返る

上場企業の2019年3月期決算の発表が一段落した。好業績をおう歌する企業がある一方で、海外事業のつまずき、検査データ改ざんや施工不良に伴う改修費用の拡大などで巨額の最終赤字に沈んだところも少なくない。改めて、その顔ぶれをながめてみるとー。

記事を読む
【M&Aサマリー3月】前年比4割増え82件、金額は小規模に

【M&Aサマリー3月】前年比4割増え82件、金額は小規模に

2019年3月のM&Aは82件と、前年同月(60件)を4割近く上回った。買収金額100億円超の大型案件は富士フイルムホールディングスの海外案件の1件にとどまった。1~3月期の合計は221件と前年同期比49件増加した。

記事を読む
「RIZAP」グループ企業・事業の再編加速へ

「RIZAP」グループ企業・事業の再編加速へ

2月14日、RIZAPグループ(札証アンビシャス)は2019年3月期第3四半期(4-12月)の決算説明会を開いた。第4四半期は、グループ企業・事業の再編を集中的に実施し、構造改革を加速させる方針を明らかにした。

記事を読む
RIZAP 「ジャパンゲートウェイ」を売却、事業構造改革の第一弾

RIZAP 「ジャパンゲートウェイ」を売却、事業構造改革の第一弾

RIZAPグループが事業構造改革に動き出した。ヘアケア・ボディケア用品の販売子会社ジャパンゲートウェイ(東京)を売却すると発表した。19年3月期に赤字転落するのに伴い、M&Aの凍結を決定。85社に膨らんだ傘下企業の整理が急務になっている。

記事を読む
【まとめ】2018年10月-12月に発表された主要なM&A案件

【まとめ】2018年10月-12月に発表された主要なM&A案件

2018年10月〜12月に東証適時開示で公表されたM&A案件を抜粋してご紹介します。

記事を読む
2018年注目の「M&A」をピックアップ

2018年注目の「M&A」をピックアップ

2018年も日本企業による大型M&Aは活発に推移した。金額の大きさだけでなく、何かと注目を集めた案件をピックアップする。

記事を読む
RIZAPに買収された企業の業績は

RIZAPに買収された企業の業績は

RIZAPグループが2019年3月期連結業績予想を発表した。連結営業利益は33億円の赤字、当期純利益は70億円の赤字とそれぞれ大幅に下方修正した。要因はこれまで買収してきた子会社の構造改革関連費用の計上が大きい。

記事を読む
【RIZAPグループ】M&Aをいったん封印、再開はいつ

【RIZAPグループ】M&Aをいったん封印、再開はいつ

RIZAPグループが新規M&Aの凍結を表明した。その理由は19年3月期に赤字に転落する見通しになったこと。「結果にコミットする」をキャッチフレーズにフィットネスジムで抜群の知名度を持つ同社だが、これまでどんな会社を買収してきたのだろうか。

記事を読む
10月の社名変更も続々、4月上回る16社<上場企業>

10月の社名変更も続々、4月上回る16社<上場企業>

2018年度も後半戦。10月入りを期して社名変更する上場企業は16社ある。年度スタートの4月の11社を上回る。さて、その顔ぶれは。「ZOZOTOWN」のスタートトゥデイは「ZOZO」へ、松屋フーズは「松屋フーズホールディングス」へ。

記事を読む
【M&Aサマリー】2018年上期の買収は283件、海外M&Aは47件

【M&Aサマリー】2018年上期の買収は283件、海外M&Aは47件

東証の「適時開示」ベースで、2018年上期の買収件数は283件。このうち日本企業による海外M&Aは47件。ただ、上期中2番目の大型案件である富士フイルムHDによる米ゼロックスの子会社化はゼロックス側大株主の反対などで事実上頓挫を来している。

記事を読む