ご注意ください
この記事は公開から1年以上経っています。掲載されている情報は、公開当時のものです。

10年以上前から大坂なおみ選手を育てたヨネックスの「慧眼」

alt

2019年1月24日、全豪オープン女子シングルス準決勝で、大坂なおみ選手がカロリーナ・プリスコバ(チェコ)を6-2、4-6、6-4で下し、日本勢としては初めて全豪シングルスの決勝に進出した。 

有望なジュニア選手への支援が大坂なおみを育てた

大坂選手は2018年に全米オープン女子シングルスで優勝を果たしており、決勝の結果次第で日本人初の世界ランキング1位も見えてきた。その大坂選手をプロ入り以前からサポートしてきたのがスポーツ用品メーカーのヨネックス<7906>だ。

ヨネックスは10年ほど前から世界の有望なジュニア選手たちに用具供給などのを支援している。大坂選手もその1人で、契約したのは彼女がまだ小学生だった2008年のこと。大坂選手はラケットの「EZONE98」や、ストリングの「POLYTOUR PRO 125」「REXIS 130」をはじめとするヨネックス製品を使用している。

スポーツ用品のマーケティングでは、注目を集める国際大会での露出が欠かせない。しかし、そうした大会に出場する世界のトッププレーヤーとのコマーシャル契約金は高騰し、支払えたとしてもブランド力のある欧米大手メーカーとの争奪戦が厳しくなるばかり。そこで、将来有望な若手選手を囲い込むことにしたのだ。いわば「賢い先物買い」といえる。

10年も前から大坂選手をサポートしていたヨネックス(同社ホームページより)

NEXT STORY

【ヨネックス】「大坂なおみ」効果だけではない独自の強みを発揮

【ヨネックス】「大坂なおみ」効果だけではない独自の強みを発揮

2018/11/06

テニス4大タイトルの一つ全米オープン女子シングルスで、大坂なおみ選手が優勝を果たした。400億円もの経済効果があるという今回の優勝。その恩恵を最も受けているのが、ラケットなどを提供したヨネックスだ。大坂選手へのサポート手法はM&Aに通じる。