ブロンコビリー<3091>の株価下落が続いています。2017年10月の2631円から2018年6月の4850円までいっきに駆け上がりましたが、その後失墜。2月8日は2533円で引けました。およそ8ヶ月で1.8倍値上がりし、その後8ヶ月で半額まで落ち込んだことになります。

図:2015年から直近までのブロンコビリー株価推移

「ブロンコビリーの株価推移」(Kabutanより抜粋)
「2015年から直近までのブロンコビリー株価推移」(Kabutanより抜粋)

2018年12月期の売上高は前期比13%増の224億3200万円。経常利益は同6%増の26億6900万円でした。今期も売上高が9%、経常利益5%増を予測しています。堅調な業績の裏で何があったのでしょうか?

この記事では、以下の情報を得ることができます。

①ブロンコビリー株価下落の要因
②2019年12月期の見通し

ブロンコビリー外観
名古屋発のレストランとして注目を浴びた

営業利益率が3年で4ポイント悪化

ブロンコビリーは、名古屋で誕生したステーキハウスです。業界に先駆けて炭火焼きとサラダバーを導入したことで人気を博しました。2018年12月末の段階で店舗数は135を数えます。2007年にジャスダック、2012年に東証一部上場を果たしました。

業績推移はこのようになっています。2014年12月期から売上高は10~20%増のペースで積みあがっています。業績の推移は順調に見えます。

ブロンコビリー「業績推移」
ブロンコビリー「業績推移」決算説明資料より

注目したいのは「利益率」です。

同社は2005年に経常利益率17.2%を達成します。外食企業の中では3番目。ブロンコビリーは高利益率体質を武器としたのです。2014年に経常利益率15.43%で、業界1位となりました。

株価が低迷した原因は利益率の悪化にあります。2017年12月期から、利益率が急速に落ち始めたのです。下の表の営業利益率に注目してください。

決算2014年12月期2015年12月期2016年12月期2017年12月期2018年12月期2019年12月期予測
売上総利益94億900万円115億600万円131億5200万円143億3500万円163億700万円-
売上総利益率72.11%72.25%73.03%72.53%72.70%-
営業利益20億1300万円24億4900万円27億5400万円24億4600万円25億9700万円27億3000万円
営業利益率15.43%15.38%15.29%12.38%11.58%11.14%
経常利益20億700万円24億6300万円28億700万円25億1600万円26億6900万円28億円
経常利益率15.38%15.47%15.59%12.73%11.90%11.43%

決算説明書、有価証券報告書より筆者作成(2019年12月期の売上総利益予想はでていないため空欄)

ブロンコビリーは、経常利益率が高いことを株主にアピールしていました。これは長期借り入れがないために支払利息がぼとんど発生せず、フランチャイズ加盟店から協賛金や賃料(営業外収益)が得られて、他社よりも有利に戦えるため。しかし、営業利益率と経常利益率を比べると、ほとんど差がないことがわかります。従って、ここでは営業利益率の推移に着目して、説明を続けます。

営業利益率(表の青字の部分)は2017年12月期を境に、悪化の一途をたどっています。