RIZAPの記事一覧

ライザップの瀬戸健社長、経営立て直しへ「下期もしっかり結果を出す」

ライザップの瀬戸健社長、経営立て直しへ「下期もしっかり結果を出す」

「この1年間取り組んできたことを通じて、やっと黒字を一歩一歩出せる状況になった」。RIZAPグループの瀬戸健社長は9月中間決算の説明会で、経営立て直しへの手ごたえを語った。来春に新中期経営計画を発表する方針も明らかにした。

記事を読む
RIZAPグループ、ジャスダック上場の『ぱど』を売却

RIZAPグループ、ジャスダック上場の『ぱど』を売却

RIZAPグループが連結子会社でフリーペーパー発行等の「ぱど」を畑野幸治氏へ売却する。譲渡価格は総額24億6700万円。畑野氏はM&A の仲介事業を行うFUNDBOOK(ファンドブック)代表取締役CEO。

記事を読む
ライザップ、傘下の戸建住宅・リフォーム事業を売却

ライザップ、傘下の戸建住宅・リフォーム事業を売却

経営再建中のRIZAPグループは、連結子会社のタツミプランニング(横浜市)の戸建住宅・リフォーム事業を、中堅ゼネコンの高松コンストラクショングループに売却することを決めた。グループ会社・事業の売却は昨秋に構造改革に着手して以降、3件目。

記事を読む
「RIZAP」グループ企業・事業の再編加速へ

「RIZAP」グループ企業・事業の再編加速へ

2月14日、RIZAPグループ(札証アンビシャス)は2019年3月期第3四半期(4-12月)の決算説明会を開いた。第4四半期は、グループ企業・事業の再編を集中的に実施し、構造改革を加速させる方針を明らかにした。

記事を読む
RIZAP 「ジャパンゲートウェイ」を売却、事業構造改革の第一弾

RIZAP 「ジャパンゲートウェイ」を売却、事業構造改革の第一弾

RIZAPグループが事業構造改革に動き出した。ヘアケア・ボディケア用品の販売子会社ジャパンゲートウェイ(東京)を売却すると発表した。19年3月期に赤字転落するのに伴い、M&Aの凍結を決定。85社に膨らんだ傘下企業の整理が急務になっている。

記事を読む
【まとめ】2018年10月-12月に発表された主要なM&A案件

【まとめ】2018年10月-12月に発表された主要なM&A案件

2018年10月〜12月に東証適時開示で公表されたM&A案件を抜粋してご紹介します。

記事を読む
RIZAPに買収された企業の業績は

RIZAPに買収された企業の業績は

RIZAPグループが2019年3月期連結業績予想を発表した。連結営業利益は33億円の赤字、当期純利益は70億円の赤字とそれぞれ大幅に下方修正した。要因はこれまで買収してきた子会社の構造改革関連費用の計上が大きい。

記事を読む
【RIZAPグループ】M&Aをいったん封印、再開はいつ

【RIZAPグループ】M&Aをいったん封印、再開はいつ

RIZAPグループが新規M&Aの凍結を表明した。その理由は19年3月期に赤字に転落する見通しになったこと。「結果にコミットする」をキャッチフレーズにフィットネスジムで抜群の知名度を持つ同社だが、これまでどんな会社を買収してきたのだろうか。

記事を読む
ノンシリコンシャンプー「Reveur(レヴール)」の製造会社が事後処理へ

ノンシリコンシャンプー「Reveur(レヴール)」の製造会社が事後処理へ

一世風靡したノンシリコンシャンプー「Reveur(レヴール)」の製造メーカーである室町販売委託(旧社名はジャパンゲートウェイ)が事後処理を弁護士に一任した。現在「Reveur(レヴール)」はRIZAPグループの完全子会社が運営している。

記事を読む
【名古屋大・岐阜大】統合に「大学版・共同持ち株会社」方式を活用

【名古屋大・岐阜大】統合に「大学版・共同持ち株会社」方式を活用

名古屋大と岐阜大が統合に向けて協議を始めた。一つの法人が複数大学を運営する「アンブレラ方式」での統合を目指している。企業でいえば、「共同持ち株会社」方式だ。国立大学の「合併」はすでに14例あるが、今後は大学版・共同持ち株会社が主流に?

記事を読む
【RIZAPグループ】 M&Aも「結果にコミット」 美容・健康を軸に周辺領域へ拡大

【RIZAPグループ】 M&Aも「結果にコミット」 美容・健康を軸に周辺領域へ拡大

マンツーマンのトレーニングジム「RIZAP」(ライザップ)を運営するRIZAPグループ。もともとは健康食品の通信販売会社でしたが、「結果にコミットする」というCMで一躍有名になり、RIZAP事業が急成長。稼いだ資金でM&Aも積極化しています。

記事を読む