ソニー子会社、ゲームショーネットワークの一部事業を譲渡 約1100億円で

alt
写真はソニーのロゴ。ニューヨークで2019年1月撮影(2021年 ロイター/Carlo Allegri)

[東京 19日 ロイター] - ソニーグループ子会社のソニー・ピクチャーズエンタテインメント(SPE)は18日(米時間)、ゲームショーネットワークの一部事業を譲渡すると発表した。「GSN Games」をモバイルゲームを手掛けるスコープリーに約1100億円で譲渡するもので、SPEは対価の半分を現金で、残り半分をスコープリーの優先株で受け取るという。

取引完了は、関係当局による承認が条件。ソニーGは譲渡益を営業利益として計上する見込みだが、2021年度通期業績見通しへの影響については、譲渡益やその他の要因も含めて現在精査中という。

ロイター・ニュース・アンド・メディア・ジャパン

ロイターは世界最大級の国際マルチメディア通信社です。2,500人以上のレポーターと 200以上の拠点を擁し、世界中で生み出される質の高いロイターのニュースは、16を超える言語で毎日配信され、世界各地の数十億人に届けられるなど、その規模は業界随一を誇ります。1851年の設立以来、独立性、高潔性、中立性を柱とする信頼の原則を一環して守り続けています。揺るぎない信頼性をこれからも維持したまま世界各地からニュースをお届けできるよう、たゆまぬ努力を続けていきます。

NEXT STORY

【当世・外国人社長事情】三菱ケミカルで初めて誕生、市光工業は3代連続

【当世・外国人社長事情】三菱ケミカルで初めて誕生、市光工業は3代連続

2021/04/14

三菱ケミカルホールディングスで初の外国人社長が4月1日に誕生した。外国人社長には日本的慣行や社内のしがらみにとらわれない大胆な経営改革の実行、グローバル感覚などへの期待が大きいが、その数はほんの一握り。当世・外国人社長事情を垣間見るとー。

関連のM&A速報