旭化成、イスラエルの医療機器会社を約592億円で買収

alt
写真は旭化成のロゴ、2019年10月撮影(2021年 ロイター/Issei Kato)

[東京 13日 ロイター] - 旭化成は13日、子会社のZOLL Medical Corporationがイスラエルの医療機器・デジタルヘルス会社Itamal Medicalのすべての発行済株式を総額5億3800万ドル(約592億円)で買収する最終合意書を締結したと発表した。

Itamal Medicalは心臓病患者への医療に睡眠時無呼吸症の診断を加えることにフォーカスしており、呼吸器系睡眠障害の検査・診断を支援する医療機器・ソリューション開発と販売で主導的地位を確立している。

ロイター・ニュース・アンド・メディア・ジャパン

ロイターは世界最大級の国際マルチメディア通信社です。2,500人以上のレポーターと 200以上の拠点を擁し、世界中で生み出される質の高いロイターのニュースは、16を超える言語で毎日配信され、世界各地の数十億人に届けられるなど、その規模は業界随一を誇ります。1851年の設立以来、独立性、高潔性、中立性を柱とする信頼の原則を一環して守り続けています。揺るぎない信頼性をこれからも維持したまま世界各地からニュースをお届けできるよう、たゆまぬ努力を続けていきます。

NEXT STORY

旭化成、2022年からポテンシャルがさらに開花|ビジネスパーソンのための占星術

旭化成、2022年からポテンシャルがさらに開花|ビジネスパーソンのための占星術

2019/12/25

旭化成は総合化学大手の一角を占める。身近なところではサランラップ、住宅のヘーベルハウスで知られる。多角化経営では日本有数だ。今年のノーベル化学賞には同社の吉野彰名誉フェローが選ばれ、一躍、時の人なった。旭化成の行くてを占星術でみると。