トップ > ビジネスと経済 > 企業動向 >過去最高売り上げを更新した「イオン」不振の上場子会社の影響は?

過去最高売り上げを更新した「イオン」不振の上場子会社の影響は?

※この記事は公開から1年以上経っています。
alt
都内の店舗

大手スーパーのイオン<8267>は、2022年2月期第2四半期決算で、売上高が4兆3449億1900万円となり、過去最高(2020年2月期第2四半期)を更新した。

主力のGMS(総合スーパー)事業や、ドラッグストアなどのヘルス&ウエルネス事業、総合金融事業、ディベロッパー事業などで増収となったのが要因で、同時に利益も回復し営業利益、経常利益は大幅増益となり、当期損益は黒字転換した...

この記事は会員専用です。
無料会員に登録して、今すぐ続きをチェックしよう!
会員登録をする(無料)

NEXT STORY

旭化成、イスラエルの医療機器会社を約592億円で買収

ロイター・ニュース・アンド・メディア・ジャパン
| 2021/9/13
2021.09.13

仏ルノーCEO、日産との合併を改めて否定

ロイター・ニュース・アンド・メディア・ジャパン
| 2021/9/9
2021.09.09

東証、関西スーパーが実質的存続会社か審査へ 統合計画で

ロイター・ニュース・アンド・メディア・ジャパン
| 2021/9/1
2021.09.01