再開近づく「海外出張」現地の安全確保や帰国時の対応は?

alt
写真はイメージです

新型コロナウイルスワクチンの接種が進み、行動制限の緩和が見込まれる中、海外出張や帰国者を対象にしたサービスが現れてきた。

海外での危機管理や緊急医療対応などを手がけているアクサ・アシスタンス・ジャパン(東京都港区)は、海外滞在中にテロや戦争、暴動、伝染病などが発生し、渡航先にとどまる事が危険だと判断された場合に、安全な地域までの緊急退避を手配するサービスを始めた。

ホテル運営のSQUEEZE(東京都港区)は、帰国者の自主隔離を目的とした滞在先や移動手段の確保など、さまざまなニーズに対応するサービスの強化に乗り出した。

日本政府は、希望する国民が2回接種を終える11月ごろをめどに、移動の自粛の撤廃を認める方針で、これに伴って企業による海外出張が増え、現地での安全確保や帰国時対応などに関するニーズも増加してくることが予想される。両社のサービスを見てみると。

無料で緊急避難を手配

アクサ・アシスタンス・ジャパンは、渡航先に留まることが危険と判断される、戦争やテロ、暴動、革命、大規模な自然災害、伝染病の集団発生などを対象に、安全な地域までの緊急避難の手配(宿泊手配、移動手段の手配、チャーター機などの手配、出入国のビザの手配)を同社の費用負担で行う。

また、緊急避難が難しい場合や、滞在地に留まらなければならない場合に、緊急避難に変わる安全確保のための措置についても、同様に同社が費用を負担して実施する。

アクサ・アシスタンス・ジャパンでは、契約先企業の承認や費用負担を不要にしたことで、迅速な対応を可能にした、としている。

アクサ・アシスタンス・ジャパンは、世界中で約1億人に保険や資産運用サービスを提供しているフランスのアクサグループの傘下企業で、同グループでは年間に1500万件近い危機管理や緊急医療対応を行っている。

オンラインオペレーターが24時間対応

SQUEEZEは同社が運営するホテル「Minn_ミン」で、LINEやメール、ビデオ通話などを介してオペレーターが24時間対応する体制を敷き、帰国日程や滞在先確保、空港からホテルまでのハイヤー手配などの相談に応じている。

フロントホテルスタッフと対面する事なくチェックイン・アウトが可能(同社ニュースリリースより)

「Minn_ミン」は、キッチン、調理器具、家具、家電、ネットワーク接続機器などを備えた長期滞在型のホテルで、関東、関西で4ホテルを展開している。いずれも広さが25平方メートル~70平方メートルあり、単身者向けから家族向けまで対応できる。

同社では、海外駐在や海外出張からの帰国者について、多くの企業から帰国後の滞在先確保などの相談が寄せられているため、帰国者のサポートサービスを強化することにしたという。

世界各国で新型コロナウイルスワクチンの接種が進み、ワクチン接種証明書の普及とともに海外出張も増えていくことが予想されるため、今後、現地の安全確保や帰国後の滞在先に関するサービスに関心が集まりそうだ。

文:M&A Online編集部

M&A Online編集部

M&Aをもっと身近に。

これが、M&A(企業の合併・買収)とM&Aにまつわる身近な情報をM&Aの専門家だけでなく、広く一般の方々にも提供するメディア、M&A Onlineのメッセージです。私たちに大切なことは、M&Aに対する正しい知識と判断基準を持つことだと考えています。M&A Onlineは、広くM&Aの情報を収集・発信しながら、日本の産業がM&Aによって力強さを増していく姿を、読者の皆様と一緒にしっかりと見届けていきたいと考えています。


NEXT STORY

新型コロナの「国産ワクチン」開発に新たな顔ぶれ「VLPTジャパン」ってどんな会社

新型コロナの「国産ワクチン」開発に新たな顔ぶれ「VLPTジャパン」ってどんな会社

2021/08/27

新型コロナの国産ワクチン開発に新たな顔ぶれが加わった。VLPTジャパンがそれで、厚生労働省が8月17日に同社に対してワクチン生産体制等緊急整備事業で143億4000万円を補助することを決めた。

アクセスランキング

【総合】よく読まれている記事ベスト5