イオンの傘下に入る「キャンドゥ」ダイソー、セリアを追撃か

alt
東京都三鷹市内の店舗

大手スーパーのイオン<8267>は、100円ショップ「キャンドゥ」を運営する業界3位のキャンドゥ<2698>を、TOB株式公開買い付け)などで子会社化することを決めた。

速報記事はこちら
イオン<8267>、100円ショップ大手のキャンドゥ<2698>をTOBなどで子会社化|上場は維持

イオンはキャンドゥを取り込むことで、キャンドゥが得意とする低価格商品の品ぞろえを強化でき、キャンドゥはイオン店舗への出店を増やすことで、売り上げアップやコスト削減などのプラス効果が見込める。

キャンドゥは10月14日に2021年11月の業績予想を、新型コロナウイルス感染症拡大の影響などを理由に下方修正した。「ダイソー」を運営する業界最大手の大創産業(広島市)や、「セリア」を運営する同2位のセリア<2782>は順調に業績を伸ばしており、業績に明暗が分かれつつある。

流通業界最大手のイオンの後ろ盾を得たキャンドゥは、上位2社を追撃することはできるだろうか。

今期は30%前後の減益に

キャンドゥの上半期の業績は当初予想通りに推移したものの、第3四半期に入り、天候不順や緊急事態宣言の延長などの影響を受け、売り上げが伸び悩んだ。その結果、2021年11月期の売上高は当初予想よりも0.7%低い、735億5800万円にとどまる。

売り上げの減少によって粗利益が減少するほか、地代や家賃、人件費などの負担が高まり、営業利益、経常利益、当期利益はともに当初予想よりも30%を超える減益となる見通しだ。

この結果、前年度比増収増益を予想していた2021年11月期は、前年度比0.7%増とわずかながら増収を確保できるものの、営業利益、経常利益は20%以上、当期利益は30%以上の減益を避けられない。

大創産業は非上場企業のため業績を公開していないが、信用調査会社の調べでは2021年2月期の売上高は前年度比14.8%増の5262億円に達した。前年度に決算期を3月から2月に変更したため伸び率が大きくなっているが、2019年3月期と比べても10.7%の高い伸びとなる。

セリアも巣ごもり需要や積極的な出店などによって、業績は好調に推移しており、2021年3月期は10%超の増収、20%超の増益を達成した。2022年3月期もこの勢いが続き、伸び率は低下するものの、増収増益基調は変わらない。

同社の2022年3月期の売上高は前年度比6.1%増の2130億円、営業利益は同3.4%増の220億円、経常利益は同3.0%増の220億円、当期利益は1.9%増の150億円の予想で、30%前後の減益を見込むキャンドゥとの差は歴然だ。

100円ショップ業界は、原材料費や人件費、物流費などのコストが上昇傾向にあるうえ、緊急事態宣言解除後は巣ごもり需要に陰りが予想される。イオンとキャンドゥとのタッグは、待ったなしの状況といえそうだ。

文:M&A Online編集部

M&A Online編集部

M&Aをもっと身近に。

これが、M&A(企業の合併・買収)とM&Aにまつわる身近な情報をM&Aの専門家だけでなく、広く一般の方々にも提供するメディア、M&A Onlineのメッセージです。私たちに大切なことは、M&Aに対する正しい知識と判断基準を持つことだと考えています。M&A Onlineは、広くM&Aの情報を収集・発信しながら、日本の産業がM&Aによって力強さを増していく姿を、読者の皆様と一緒にしっかりと見届けていきたいと考えています。


NEXT STORY

過去最高売り上げを更新した「イオン」不振の上場子会社の影響は?

過去最高売り上げを更新した「イオン」不振の上場子会社の影響は?

2021/10/08

イオンは2022年2月期第2四半期決算で、売上高が4兆3449億1900万円となり、過去最高を更新した。子会社のジーフットは3期連続の営業赤字が避けられない見通し。イオンの業績に与える影響は?

関連のM&A速報