変わるゴルフ「一人予約」「送迎付き」「ナビゲーター付き」など新サービスが続々誕生

alt
写真はイメージです

新型コロナウイルスの感染リスクが低いスポーツとしてゴルフに注目が集まる中、初心者を対象にした取り組みが相次いで誕生している。

一人でも気軽に予約できるサービスや、ゴルフ場への送迎サービスなどがそれで、ゴルフ仲間作りやゴルフ場への移動など、ゴルフを続ける上で障害となりそうな課題を解決してくれる取り組みだ。

少子化や高齢化などでゴルフビジネスは厳しい状況にあったが、コロナ禍によって若年層のゴルファーが増加傾向にあり、初心者を対象にしたゴルフビジネスはまだまだ生まれてきそうだ。

自身のレベルや目的に合った仲間選びが可能

ジャパンゴルフマネージメント(東京都港区)は、一人でも気軽に予約できる送迎付きゴルフサービス「一人で予約、みんなで楽しむ。HITORI de GOLF (ひとりでゴルフ)」の提供を始めた。

ラウンドナビゲーター(進行役)付のラウンド風景(同社ニュースリリースより)

年齢やスコア、性別などから、自身のゴルフレベルや目的に合った仲間選びが可能なほか、ラウンドナビゲーター(進行役)が付くため、初心者やコース未経験者、セルフプレーに慣れていない人でも安心して、ラウンド(18ホールをプレーして1周すること)することができる。

またルールやマナーについてもラウンドナビゲーターが説明したうえで、従来のルールにこだわらない独自のルールも採用し、楽しくラウンドできるようするという。

さらにゴルフ場までの送迎(東京都内発着)が無料で、ゴルフクラブの貸し出し(有料)や、シューズ、ウエアのレンタル(有料)も可能なため、手ぶらでプレーを楽しむことができる。

ジャパンゴルフマネージメントは全国10カ所にゴルフコースを保有しており、このうち埼玉県と栃木県の2コースで、今回のサービスを実施する。

NEXT STORY

仏ルノーCEO、日産との合併を改めて否定

仏ルノーCEO、日産との合併を改めて否定

2021/09/09

仏自動車大手ルノーのルカ・デメオ最高経営責任者(CEO)は8日付のイタリア日刊紙イル・ソレ24オレのインタビューに応じ、日産とルノーが合併することはないとの認識を改めて示した。