M&A速報

三井物産<8031>、ブラジルで穀物生産・物流事業を手がけるMultigrain AGを子会社化

2011-01-13

三井物産は、ブラジルで農産物の集荷や加工・販売を手がけるMultigrain AG(マルチグレイン、本社スイス。売上高約1010億円、純資産約445億円)の株式を追加取得し子会社化することを決めた。現在、議決権ベースで同社の株式45.1%を所有しているが、出資比率を90.1%に引き上げる。取得価額は約190億円。取得予定日は未定で、日本、ブラジルなど関係当局の許可取得後となる。

株式の取得先は全米最大の農協で、NASDAQ上場のCHS Inc.(ミネソタ州)。マルチグレインはブラジルに100%子会社のMultigrain S.A.を事業会社として保有し、現地で大豆やコーン、綿花の集荷、加工、販売・輸出、小麦の輸入を行っている。三井物産はマルチグレインを穀物事業の中核会社と位置づけ、農業生産・穀物物流事業の拡充により穀物の安定供給体制強化を図る。

M&Aデータベース

関連の記事

関連のM&Aデータベース

No. 開示日 買い手 対象企業・事業 売り手 業種 ▽ スキーム ▽ 取引総額(百万円) ▽ タイトル
1
2017年4月21日
MOCAP VIETNAM JOINT STOCK COMPANY
63
2
2017年3月22日
各種鉄鋼製品の販売・仕入れ事業
60,000
3
2016年6月23日
PT kingsford Holdings
Champion Pacific Limited
4,077
4
2015年12月14日
Transfreight China Logistics Ltd.
1,595
5
2011年7月13日
Portek International Limited
Larry Lam Choon Seng氏(Portek International Limited創業者)ほか
14,400
6
2011年1月13日
Multigrain AG
CHSIH SA
19,000

M&A速報検索

クリア

アクセスランキング

【M&A速報】よく読まれている記事ベスト5