三井物産は、CHS Inc(本社米国、NASDAQ上場、以下「CHS」)が、子会社CHSIH SA、(本社スイス、以下「CHSIH」)を通じて保有するMultigrain AG(本社スイス、以下「MAG」)の発行済み株式の44.2%(議決権比率45.1%)を取得することで、基本合意した。

MAG は、ブラジルで穀物を中心とする農業生産事業及び穀物物流事業(集荷、加工、輸送、輸出、販売)を行っており、三井物産は、MAG 株式を44.2%(議決権比率45.1%)保有する筆頭株主。

今回の追加取得により、三井物産の出資比率は88.4%(議決権比率90.1%)となり、MAG は、三井物産の持分法関連会社から連結子会社となる。

取得価格は、225百万米ドル(約190 億円)、累計投資額は、459百万米ドル(約440 億円)。

三井物産は、MAG を穀物事業の中核関係会社と位置付け、引き続き、世界で最も高い食料増産余力を有すると言われるブラジルにおける、農業生産・穀物物流事業の拡充により、ブラジルからアジアを中心とする市場に向けた穀物の安定供給体制の強化を図る。