日鉄住金物産は三井物産グループの鉄鋼事業の一部を平成30年4月を目途として譲受および、三井物産による日鉄住金物産の株式の追加取得について検討を開始する旨の基本合意書を締結致した。

三井物産は株式追加取得により、日鉄住金物産に対する議決権保有割合を20%まで引上げ、持分法適用会社化することを目指している。

本事業譲受けに関する最終契約締結は平成29年9月予定。

本事業譲受けの効力発生は平成30年4月予定。