ご注意ください
この記事は公開から1年以上経っています。掲載されている情報は、公開当時のものです。

マツダが東京モーターショーで子供たちに「金型を磨かせる」理由

alt

マツダの狙いは「デザインの訴求」

なぜ、マツダは子どもに金型磨きを体験させるのか?これには同社のデザイン重視のクルマづくりが深く関係している。金型はボディー部品の加工にも利用されるため、デザインを左右する重要なツールだ。単純にいえば直線的なデザインなら金型づくりは容易だが、曲面を多用する複雑な形状になると格段に難しくなる。

デザイン重視のマツダ車は曲面を基調とする流麗なスタイルを採用しているため、金型づくりのレベルは高い。金型づくりは3次元CAD/CAMでのコンピューター制御が主流だが、金属は曲げると元に戻ろうとする性質がある。コンピューター制御で設計図通りに金型を製作しても、その金型でプレス加工した部品が設計図通りにならなかったというケースもざら。

そこで熟練工が素材となる金属板の復元を想定して、設計図とは微妙に違う金型を作る。その最後の微調整が金型磨きなのだ。マツダは熟練工の手作業で、1ミクロンレベルの面粗度(表面の粗さのレベル)を実現している。出来上がった金型は鏡面のようにピカピカだ。

デザイン重視のマツダがデザイナーではなく金型磨きを体験させるのは、自動車で優れたデザインを実現するためには何が必要なのかを子どもたちに理解してもらうためだ。マツダの金型磨き体験は11月4日(月)まで。 参加には「Out of KidZania in TMS2019」サイトでの予約が必要だ。

マツダの金型磨き体験ブースは、まるで実際の工場のようだ

文:M&A Online編集部

M&A Online編集部

M&Aをもっと身近に。

これが、M&A(企業の合併・買収)とM&Aにまつわる身近な情報をM&Aの専門家だけでなく、広く一般の方々にも提供するメディア、M&A Onlineのメッセージです。私たちに大切なことは、M&Aに対する正しい知識と判断基準を持つことだと考えています。M&A Onlineは、広くM&Aの情報を収集・発信しながら、日本の産業がM&Aによって力強さを増していく姿を、読者の皆様と一緒にしっかりと見届けていきたいと考えています。


NEXT STORY

売上に貢献?「脱クルマ」の東京モーターショーで物販が花盛り

売上に貢献?「脱クルマ」の東京モーターショーで物販が花盛り

2019/11/01

2年に1度のクルマの祭典「第46回東京モーターショー2019」が開催されている。「脱クルマ」が顕著になり、派手なコンパニオンやコンセプトカーはすっかり減る一方で、各社ブースでの物販が目を引く。果たしてこのトレンドは次回以降も続くのだろうか?

関連のM&A速報