2018年6月26日、マツダ<7261>の社長が小飼雅道氏から代表取締役副社長で米州事業・管理領域統括の丸本明氏に交代する。マツダの2018年3月期連結決算は世界販売台数が前期比4.6%増増の163万1000台と過去最高となったことを背景に、売上高が同8.1%増の3兆4740億円と2期ぶりの増収に。営業利益は同16.5%増の1464億円と2期ぶりの増益、経常利益は同23.4%増の1721億円、純利益は同19.5%増の1120億円と3期ぶりの増益となった。マツダは増収増益の好決算を社長交代の好機とみたのだろう。

マツダの好業績を支えるスカイアクティブエンジン

この好業績を支えているのが、ヒット車となった「CX-5」はじめ主要車種に搭載されている超省エネエンジンの「SKYACTIV(スカイアクティブ)」だ。量産ガソリンエンジンとしては世界一となる圧縮比14.0を実現し、燃費、トルクともにに従来比で15%向上している。

その結果、コンパクトカーの「デミオ」で実用燃費は19.20km/Lと、ハイブリッド車(HV)のホンダ<7267>「フィット」(21.52km/L)やトヨタ自動車<7203>「アクア」(22.86km/L)に匹敵する燃費を実現している。デミオはHV機構を搭載していないだけに車両価格も安い。フィットHVは169万9920円(いずれも消費税込)から、アクアは178万5240円からなのに対し、デミオが139万3200円からと30~40万円も下回っている。コンパクトカーでは無視できない価格差だ。

マツダ「デミオ」
実用燃費ではライバルのHVに匹敵する「デミオ」(同社ホームページより)

しかし、マツダの企業規模は小さい。2018年3月期連結決算ではマツダの売上高はトヨタ(29兆3795億円)の8分の1未満にすぎず、営業利益(2兆3998億円)に至っては16分の1を下回る。なぜ下位メーカーのマツダが、トヨタの作れない超省エネエンジンを実用化することができたのだろうか。