武田薬品が買収額を増額

武田薬品工業<4502>が買収を計画しているアイルランドのバイオ薬品メーカー・シャイアーへの買収提示額を増額するとの声明を公表した。シャイアー株に対し、現金と武田薬品の新株を与える買収案において、現金の支払額を約18%増額。武田薬品株式を約7%増額する。現金、武田薬品株式を合わせたプレミアムは約58%に達する。今回の増加により、武田薬品によるシャイアー買収の総額は約6兆8000億円になる。

公表した資料によると武田薬品は本社を日本に置き、東京証券取引所での上場を維持する。さらに武田薬品株式を取得する現シャイアーの株主が、買収後も株式を保有し続けられるように、ニューヨーク証券取引所にADR(米国預託証券=米国企業でなくても米ドルでの売買や決済、配当金の受領できる制度)方式による上場を行う予定。

また、シャイアーの財務状況や帳簿外の負債などの有無を調査するデュー・ディリジェンスに時間がかかるため、2018年4月25日午後5時(ロンドン時間)に設定されている、買収提案を実施する確定的な意図があるのか、無いのかを公表する期限の延長をシャイア―に求める方針という。

文:M&A Online編集部