menu
Social media

ビジネス

2017年フードビジネス~M&A動向まとめ

Cover 02334287 dd0b 401d a7f2 30311322f7fb

 2017年外食産業のM&A動向を語るうえで、外せないキーワードが2つある。1つは「海外進出」。2つ目は「ポートフォリオの拡大」だ。日本フードサービス協会によると、2016年の外食産業市場規模は昨年比0.1%増の25兆4169億円と微増。市場規模は大きいものの、今後爆発的な成長は見込めない。M&Aは企業戦略を進める上での、手段の1つ。外食企業が買収を仕掛ける目的は、海外のマーケットを開拓するか、業態を広げて国内市場を取りに行くか。その2つに収れんする。

スシローグローバルホールディングス
スシローグローバルホールディングス<冬のごちそうセットキャンペーン>

元気寿司の海外ノウハウがほしいスシロー

 海外展開を視野に入れたM&Aニュースといえば、スシローと元気寿司の経営統合に向けた動き。米卸大手の神明が9月、英投資ファンド「ペルミラ」からスシローグローバルホールディングス<3563>の株式33%を379億円で取得した。

 神明はすでに元気寿司を傘下に収めている。神明はスシローと元気寿司の経営を統合し、スシローの海外進出を狙う。スシローの海外店舗数は8。今期は2店舗を撤退している。一方、元気寿司は海外の店舗数が165。直販とフランチャイズを組み合わせて着実に拡大してきた。

 今期27店舗を出店したスシローは、他店との苛烈な価格競争に巻き込まれること必至。今年3月に上場したばかりのスシローは、投資家にアピールするための企業戦略を描かなければならない。そのためにも、海外展開のノウハウが必要だ。元気寿司との統合でノウハウを吸収し、海外進出に弾みがつけられる。

 2社の背後に潜んでいるのが、神明という点もポイント。国内のコメ消費が冷え込む中、自社のコメの販路拡大も目論んでいる。

虎視眈々と米外食ベンチャーを狙うトリドール

 丸亀製麺のトリドールホールディングス<3397>がとった海外戦略は独特。同社は7月13日に、外食企業に出資をする米投資ファンド「ハーゲット・ハンター」への出資を決定した。出資することにより、アメリカで成長している外食企業ベンチャーの情報をいち早く入手することができる。

 ハーゲット・ハンターは、人気のチョップドサラダ系飲食店「CHOPT」をいち早く見出し、チェーン展開したことで有名。トリドールは、フランチャイズ化する前の飲食店の芽を刈り取ろうとしている。同社はアジア地域で177店舗、アメリカは5店舗。出遅れ気味のアメリカ出店を本格化する。

 ラーメン店「一風堂」を展開する力の源ホールディングス<3561>も、海外展開に力を入れている企業。同社は6月にインドネシアの飲食企業を2700万円で買収した。海外で65店舗を運営しており、今後出店を更に加速する。現在の出店重要拠点はアメリカ。これからはアジアでの拡大に力を入れる。

 インドネシアは人口2億3200万人と、世界第4位。これまで外資企業に対する資本規制があったが、2016年5月に緩和。レストラン経営が自由にできるようになった。人口の多い国だけに、今後出店する企業が増えるだろう。

業界動向

関連のM&Aニュース

チムニー<3178>、飲食事業7店舗の事業譲受

DDホールディングス<3073>、エスエルディー<3223>に対し公開買付け開始

アクロディア<3823>、エンターテイメントシステムズ株式交換により完全子会社化

バルニバービ<3418>、R.Tパートナーズと簡易株式交換に関する基本合意書締結

チムニー<3178>、マルシェ<7524>と資本・業務提携

バルニバービ<3418>、菊水を連結子会社化

日本KFC<9873>、ピザハットを投資ファンドへ売却

ダイヤモンドダイニング<3073>、商業芸術(旧商号Jellyfish)を子会社化

グルメ杵屋<9850>、銀座田中屋を子会社化

アクロディア<3823>、渋谷肉横丁を子会社化

新生銀行<8303>、連結子会社昭和リースを株式交換により完全子会社化

ダイヤモンドダイニング<3073>、ゼットン<3057>を公開買付けにより持分法適用関連会社化し、資本業務提携へ

アクロディア<3823>、健康コーポレーション<2928>連結子会社のゲーム関連事業を譲受け

ダイヤモンドダイニング<3073>、九州料理業態の飲食店を事業譲受。

ダイヤモンドダイニングがシンガポールのラーメンダイニングチェーンを買収。

アクロディア<3823>、KLab<3656>の事業の一部譲受を発表。

ダイヤモンドダイニング<3073>、バグースの株式を取得し子会社化。

ダイヤモンドダイニング<3073>、吉田卯三郎商店を子会社化

新生銀行<8303>、あおぞら銀行<8304>との統合契約を解消

新生銀行<8303>とあおぞら銀行<8304>、平成22年10月の合併を正式発表

NEXT STORY

【ダイヤモンドダイニング】独自のブランドマネジメントとM&Aで成長

【ダイヤモンドダイニング】独自のブランドマネジメントとM&Aで成長

ビリヤード、ダーツ、カラオケ、シミュレーションゴルフ、複合カフェなどのアミューズメント事業やライセンス事業を手掛けるダイヤモンドダイニング<3073>。創業時の目標であった「100店舗100業態」を2010年に達成し、いまは第2創業期と位置づける。高付加価値・競争優位性の創造・構築・追求による持続的な成長を目指す同社では、どのような、M&A戦略を進めてきたのか。


注目の記事

Thumb a74d3946 3b82 4cfc b75b 60ab0694085b

「やっぱりあさくま」対「いきなり!ステーキ」の仁義なき戦い

テンポスホールディングスの子会社あさくまが、新業態「やっぱりあさくま」をオープンしました。リブロースステーキが1グラム当たり6.9円と株式市場を賑わす「いきなり!ステーキ」を相当”オマージュ”した様子。新業態を起爆剤に上場の夢を果たせるでしょうか。

Thumb be79808e 2eb5 42f4 bca2 a7d95b8b488d
Thumb d90165c3 76c8 4aea 9ba4 1e345cdb709c
Thumb 856a8cb3 bfab 4046 a298 284e67090c4c