M&A速報

バルニバービ<3418>、「串亭」などを運営するリアルテイストを子会社化

2017/07/19

バルニバービは、「串亭」や「二平」などの飲食店を運営するリアルテイスト(東京都渋谷区。売上高14億2000万円、営業利益4080万円、純資産3240万円)を子会社化すると発表した。同社の株式66.0%を取得する予定のR.Tパートナーズ(東京都渋谷区。売上高ー、営業利益ー、純資産64万9000円)を簡易株式交換により完全子会社化する。

バルニバービは中小の飲食企業をグループ化し、経営者の店舗運営力やマジメント力、店舗プロデュース力などを活用し、事業の拡大を図る。

株式交換比率は非公表。株式交換効力発生予定は2017年10月下旬。

追記事項

2017-8-22
株式交換効力発生予定日は2017年10月24日。

2017-10-24
株式交換比率はバルニバービ:R.Tパートナーズ=1:3.55で、R.Tパートナーズの普通株式1株に対して、バルニバービの普通株式3.55株を割り当てる。

関連の記事

【2018年 M&A】外食企業が活路を見出す企業買収戦略とは

【2018年 M&A】外食企業が活路を見出す企業買収戦略とは

2018/12/28

2018年10月の国内外食業界全体の売上高は、前年比101.7%。26ヶ月連続で前年を上回っています。背景にあるのは、海外観光客の旺盛な外食需要。外食企業各社は、海外での知名度獲得にも寄与する、海外企業の買収に力を入れているようです。

バルニバービが7千円で買収した旅館「菊水」が業績に与えた影響

バルニバービが7千円で買収した旅館「菊水」が業績に与えた影響

2018/12/14

バルニバービが2017年9月に買収した京都の老舗旅館「菊水」。赤字続きの旅館の再建を担ったのがお洒落レストランで有名なバルニバービでした。買収金額は7,000円。畑違いの再生請負人がどんな手を使って蘇らせるのか。注目が集まっています。

2017年フードビジネス~M&A動向まとめ

2017年フードビジネス~M&A動向まとめ

2017/12/27

2017年外食産業のM&A動向を語るうえで、外せないキーワードが2つある。1つは「海外進出」。2つ目は「ポートフォリオの拡大」だ。

外食経営のトレンドは「金太郎アメ」から「水アメ」型に変わっているのかもしれない

外食経営のトレンドは「金太郎アメ」から「水アメ」型に変わっているのかもしれない

2017/04/09

外食企業は、店舗開発、チェーン展開、ドミナント戦略、フランチャイズといった、金太郎アメ型経営スタイルが主流。それが今は、いろいろな業態と融合する水アメ型になっているのかもしれません。

M&A速報検索

クリア