ご注意ください
この記事は公開から1年以上経っています。掲載されている情報は、公開当時のものです。

投資ファンドのエンデバーは、ピザハットを美味しく料理することができるのか?

alt
※画像はイメージです

収益改善が進んでいたピザハットを投資ファンドのエンデバー・ユナイテッドに売却した理由

5月10日、日本KFCホールディングス<9873>が、日本ピザハットを投資ファンドのエンデバー・ユナイテッドに売却すると発表しました。ピザ業界の競争激化が背景。企業価値を高めるという観点から、投資ファンドへの売却を決めたようです。ピザハットの売上高はおよそ150億円で横ばいが続いていましたが、2017年にようやく黒字化を実現。コストカットによる収益の改善を図っていました。ではなぜこのタイミングで売却するのか、という話です。

この記事では、以下の情報が得られます。
①ピザハットの成長余地
②ピザ市場の伸び
投資ファンド「エンデバー・ユナイテッド」のこと

まずはピザハットの業績推移から。こんな感じです。

時期 売上高 利益
2015年 155億円 ▲14億円
2016年 154億円 ▲3億5000万円
2017年 149億9000万円 1億5000万円

2015年の凄まじい赤字から、わずか2年で急回復しています。スクラップ・アンド・ビルド、店舗オペレーションの改善、広告宣伝費を抑制して収益性の改善を図ったことによるものです。特に不採算店の見直しが大きく、直販店をフランチャイズ化して稼げる形に転換しました。

ここまで順調に立て直しが進んでいると、通常の考えでは、
「いよいよだな」
「ああ」
となるわけですが、KFCは売却を決めたのです。なぜか。コストカットで現場の士気はだだ下がり、株主(大株主は三菱商事)には「売上もっと出せや」と言われる状況がイヤだったからです(たぶん)。

経営陣は何とかピザハットの立て直しに成功したものの、これ以上成長させるには、大型投資が必要だと判断したのでしょう。確かに、群雄割拠が進むピザ屋にカネを出すよりも、ほぼシェアを独占しているフライドチキン屋に出す方が、マーケティングとしてはラクで株主も納得させやすいですね。

更に、ピザハット本社との契約料が嵩上げされるためと考えられます。こちらによると、出店契約料(更新料みたいなもの)は2017年までが1店舗100万円、2018年からは1店舗4万1900ドル(460万円くらい)に跳ね上がっています(世界的なフランチャイザーが、凄まじい儲けを出している姿が垣間見えます)。

コストカットによる改善の限界、契約の更新。この二つが重なって今回の売却へと繋がったと考えられます。

ピザマーケット推計値
ピザ協議会

NEXT STORY

【米国ベンチャーM&A】シリコンバレーのラーメン事情と最近の外食関連M&Aまとめ

【米国ベンチャーM&A】シリコンバレーのラーメン事情と最近の外食関連M&Aまとめ

2017/06/09

ここ数年シリコンバレーで一番ホットだったのはラーメンといわれるくらいお店が増えました。一時期は製麺機の輸入が急増したと商社の人に聞いたことがあります。今回は最近の外食関連M&Aを取り上げたいと思います。