DDホールディングス(旧ダイヤモンドダイニング)<3073>が、「kawara CAFE&DINING」などを運営するエスエルディー<3223>に対して公開買い付けを行います。買い付け予定金額は6億8000万円。エスエルディーはチェーン化しない戦略で、かつてのDDホールディングス「100店舗100業態」を彷彿とさせる路線。経営のズレはなさそうですし、DDホールディングスが手薄な仙台、福岡エリアにカフェダイニングを積極展開しているので、ポートフォリオも強固なものに。店づくりもお洒落で若者に人気です。しかし、そんな可愛い顔の裏には、棘が潜んでいるのではないですか、という話です。

この記事では、以下の情報が得られます。

①DDホールディングスの経営戦略
②エスエルディーの店舗展開
③エスエルディーの業績
④「脱」画一飲食ブランドの難しさ

商業藝術 HPより

今期エスエルディーと商業藝術買収でカフェ業態をマシマシ

DDホールディングスは、首都圏を中心に全国で飲食店を展開しています。2017年2月末の段階で、飲食店の店舗数は221。主力は「わらやき屋」や「九州 熱中屋」、「アリスのファンタジーレストラン」など。

代表・松村厚久氏の強烈なカリスマ性により、飲食店の常識だった画一ブランド化を打破。100店舗100業態という、常識破りな目標を10年余りで達成しました。その名残を今も引き継いでいて、売上規模が似た外食企業、チムニーやダイナックなどと比べてもブランド数は多いです。

2010年ごろまでは、飲食企業の中で知られるくらいの会社でした。しかし、2011年にダーツ・ビリヤードの「バグース」を買収してから、広く知られるようになりました。2015年に一部上場してからは、ゼットン、商業藝術、そして今回のエスエルディー買収で、株式市場を賑わす存在となっています。

DDホールディングスは2015年に3ヵ年中期連結経営計画を発表していますが、今はまさに種まきに奔走する時期。オリンピックの刈り取り期に向けて、投資を拡大する様が見えます。

DDホールディングス「3ヵ年中期連結経営計画(2016年2月期~2018年2月期)」より

ちなみに、業績はこんな感じです。順調に伸びていますね。

▼DDホールディングス2016年・2017年2月期業績と2018年2月期予想   ※( )は前期比

売上高経常利益
2016年2月期298億2000万円(14.3%増)8億8900万円(6.9%減)
2017年2月期305億900万円(2.3%増)14億3500万円(61.4%増)
2018年2月期(予想)317億6900万円(4.1%増)15億5900万円(8.6%増)

実はこの会社、10月12日2826円だった株価が、11月9日に5220円まで急騰しています。これは10月13日に発表した上期の決算を受けたもの。

発表によると、連結経常利益が前年同期比3倍の16億1000万円となりました。通期計画を軽々と超える見通しとなったのです。

背景にあるのが、ゼットンと商業藝術の買収。第2四半期から連結対象にしたことにより、店舗数はゼットンの72店舗と商業藝術の84店舗を加えて、424店舗へ。売上高は上期で前年同期比約40%増の208億5100万円と膨らみました。

DDホールディングスは積極的な買収を仕掛けて拡大する戦略をとったのです。しかも、同業態を取り込むのではなく、業態を散らしてポートフォリオを強固にする戦略をとりました。

2016年に子会社化したゼットンは、アロハテーブルなどのカフェレストラン業態が主力。商業藝術もchano-maなどの和風カフェに強味を持っています。

そしてエスエルディーを買収しました。居酒屋として発展してきたDDホールディングスが、別の方向へと食指を伸ばす姿が見えてきます。