M&A速報

トリドール<3397>、香港でレストランを運営する東利多控股有限公司を譲渡

2012/08/24

トリドールは、香港でレストランを運営する東利多控股有限公司(売上高0円、営業利益△1800万円、純資産2億3700万円)の株式の一部を、中国でホテルチェーンなどを運営するHEYI GROUP HOLDING LIMITED(イギリス領バージン諸島)に譲渡することを決議した。株式の所有割合を100%から37%に引き下げる。

譲渡に伴い現地の有力者が同社の経営陣に加わり、それぞれのノウハウやネットワークを生かした経営体制の構築を図る。譲渡価額は非公表。譲渡予定日は2012年8月24日。

関連の記事

利用者も加盟店も?じわじわと広がる「スマホ決済離れ」の予兆

利用者も加盟店も?じわじわと広がる「スマホ決済離れ」の予兆

2020/06/09

急成長を続けてきたQR・バーコード決済サービスに「曲がり角」の兆しが見えてきた。これまで増え続けてきた加盟店に、脱退の動きが広がっているのだ。巨額のキャンペーンコストをかけて市場を育ててきたスマホ決済だが、刈り取り直前の失速も懸念される。

「うどん」の復活でV字回復 トリドールHD

「うどん」の復活でV字回復 トリドールHD

2019/11/20

トリドールホールディングスが2020年3月期の営業利益を当初予想の54億6400万円から、22.4%増の66億円8900万円に上方修正した。うどんチェーン店の丸亀製麺の業績が好転したためだ。

令和元年 「本社移転」事情は?

令和元年 「本社移転」事情は?

2019/05/31

東京都心部は東京2020五輪・パラリンピックを控え、建設ラッシュが続いている。そんな中、「令和元年」に合わせて、新本社を構える企業も少なくない。主なケースをピックアップすると。

2017年フードビジネス~M&A動向まとめ

2017年フードビジネス~M&A動向まとめ

2017/12/27

2017年外食産業のM&A動向を語るうえで、外せないキーワードが2つある。1つは「海外進出」。2つ目は「ポートフォリオの拡大」だ。

うどんと美白の意外な共通点

うどんと美白の意外な共通点

2017/08/26

え? なんであの会社がこの会社を買うの? この会社ってあのグループだったの? と思わず驚かずにはいられない、意外なM&Aがある。そんなディールを集めてみた。買収の狙い、そしてそこから見えてくるものとは…?

トリドールがM&Aを武器に世界的な総合外食企業へと突き進んでいる件

トリドールがM&Aを武器に世界的な総合外食企業へと突き進んでいる件

2017/08/11

丸亀製麺でおなじみ、トリドールホールディングス<3397>が外食企業に出資をする「ハーゲット・ハンター」が組成した投資ファンドHHCPに出資を決定しました。ファンドへの出資目的は、アメリカの外食市場で大きく成長するであろう、企業の情報をいち早く入手する、というもの。このニュースに”孫正義”臭を嗅ぎ取った人も少なくないはず。それもそのはず。トリドールは、通信・ITの何でも屋ソフトバンクに負けない事業展開を目指しているのでした、という話です。

丸亀製麺のSONOKO買収は詳細を知ると”意外”から”納得”に変わります

丸亀製麺のSONOKO買収は詳細を知ると”意外”から”納得”に変わります

2016/10/02

M&A Online編集部です。今回は丸亀製麺を運営するトリドールが美白化粧品のSONOKOを買収した記事をピックアップしました。買収した背景を知りたい方は、是非お読み下さい。

M&A速報検索

クリア