M&A速報

力の源ホールディングス<3561>、台湾一風堂を子会社化

2018/08/09

博多ラーメン店「一風堂」を展開する力の源ホールディングスは、台湾でのラーメン「IPPUDO」事業のライセンス供与先である乾杯拉麵股份有限公司(台湾一風堂、台北市。売上高11億3000万円、営業利益△900万円、純資産3億5200万円)の全株式を取得し子会社化することを決議した。

力の源HDは2012年、焼肉居酒屋を手がける乾杯股份有限公司(台北市)との合弁で「IPPUDO」事業を開始。2014年には乾杯の子会社の台湾一風堂に対するライセンス契約に変更し、現在8店舗を運営する。乾杯は「乾杯」ブランドで台湾、中国などで事業を展開するが、近年、欧米進出も検討しており、事業の選択・集中の一環として台湾での「IPPUDO」事業から撤退の申し出があったという。

力の源HDはシンガポールにある海外統括子会社を通じて台湾一風堂の全株式を取得する。同社は2018年6月末時点で、13カ国・地域で231店舗を展開している。

取得価額は2億4000万円。取得予定日は2018年9月28日。

関連の記事

一風堂が方針を急転換、低投資・早期回収のロードサイド型を強化

一風堂が方針を急転換、低投資・早期回収のロードサイド型を強化

2021/09/17

一風堂が新常態に向けてビジネスモデルを大きく転換しました。これまでは繁華街やショッピングモールを中心に出店してきましたが、矢継ぎ早にロードサイドと小商圏型の店舗を出店。低投資で早期回収が見込める郊外型へとスイッチしました。ラーメン店の中でも一風堂は苦戦をしています。

「幸楽苑」「一風堂」などラーメン5社、コロナ禍で2021年度第1コーナーの業績は?

「幸楽苑」「一風堂」などラーメン5社、コロナ禍で2021年度第1コーナーの業績は?

2021/08/17

幸楽苑ホールディングス、力の源ホールディングスなど上場ラーメンチェーン5社の2021年4~6月期(第1四半期)決算が出そろった。コロナ禍が長期化する中、営業時間短縮や酒類提供の停止などの限定営業を余儀なくされ、業績回復のテンポが鈍い。

ラーメンコラボが続々「天下一品」「一風堂」「スガキヤ」「岐阜タンメン」の作戦は?

ラーメンコラボが続々「天下一品」「一風堂」「スガキヤ」「岐阜タンメン」の作戦は?

2021/06/13

「天下一品」「一風堂」「スガキヤ」「岐阜タンメン」などのラーメン店が相次いでコラボを公表した。相手先はアパレルブランドやミールキット(食材とレシピがセットなった商品)、菓子などさまざまだ。

大苦戦するラーメン一風堂の横で山岡家が快走している理由

大苦戦するラーメン一風堂の横で山岡家が快走している理由

2021/01/22

ラーメン山岡家がコロナ禍で快走中。第3四半期の売上高は前期比2.0%増の104億7,900万円と前期を上回りました。営業利益は43.7%減となりましたが、2億2,600万円のプラスとなっています。一方、同規模の一風堂は利益が出ていません。

赤字が続く海外需要開拓支援機構(クールジャパン機構)とは?

赤字が続く海外需要開拓支援機構(クールジャパン機構)とは?

2020/07/19

海外需要開拓支援機構(クールジャパン機構)は、2013年11月に設立された官民ファンド。主要株主は日本政府のほか、ANA、電通、パソナなどが名を連ねています。日本独自の商品を海外に売り込むことを目的とし、食や日用品、アニメ事業に出資をしています。

緊急事態宣言後の飲食チェーン、勝者が実施している秘策は?

緊急事態宣言後の飲食チェーン、勝者が実施している秘策は?

2020/06/26

緊急事態宣言が解除され、県をまたいでの移動も緩和されました。一部観光地やショッピング街に人が戻り始め、リベンジ消費が始まろうとしています。2月から冷え込み始めた飲食店に、遅い春がやってきました。売上の戻りが早い業態にはどんな特徴が?

赤字転落相次ぐ飲食業「はなの舞」「さかなや道場」のチムニーは最終赤字28億円

赤字転落相次ぐ飲食業「はなの舞」「さかなや道場」のチムニーは最終赤字28億円

2020/06/25

居酒屋の「はなの舞」や「さかなや道場」を運営するチムニーは2020年6月23日に、2020年3月期の当期損益が28億1200万円の赤字に転落したと発表した。

ラーメン店「一風堂」の力の源HDが上場来初の赤字に転落 新型コロナが直撃

ラーメン店「一風堂」の力の源HDが上場来初の赤字に転落 新型コロナが直撃

2020/04/16

ラーメン店「一風堂」などを運営する力の源ホールディングスが2017年3月の上場以来、初めてとなる最終赤字に転落する。2025年までに国内外600 店舗の達成を目指す中期計画の見直しも。

「選挙割」や「選挙休業」などが登場 21日の参院選

「選挙割」や「選挙休業」などが登場 21日の参院選

2019/07/17

2019年7月21日に実施される参院選に向け、企業に動きが出てきた。投票済証明書の提示で商品やサービスの割引を行う「選挙割」や商業施設内での投票所の開設、さらには従業員に投票を促すため休業する店舗もある。

映画とコラボした「麺・イン・ブラック」ってどんなラーメン?期間限定品が続々

映画とコラボした「麺・イン・ブラック」ってどんなラーメン?期間限定品が続々

2019/06/06

​「期間限定」と言われるとついつい興味をそそられてしまうもの。それが国民食とも言えるラーメンであればなおさらのこと。季節ごとに限定商品を投入する例はよくあるが、少し変わったものもある。直近の動きを探ってみると。

「一風堂」博多長浜ラーメン店の名島亭を横浜に出店 

「一風堂」博多長浜ラーメン店の名島亭を横浜に出店 

2019/04/17

博多ラーメン店「一風堂」を展開する力の源ホールディングスは、事業承継M&Aでグループ化した博多長浜ラーメン店「名島亭」を4月19日に横浜市の「ららぽーと横浜」に出店する。

海外で出会えるチャンス膨らむ「一風堂」の博多ラーメン

海外で出会えるチャンス膨らむ「一風堂」の博多ラーメン

2019/03/15

博多ラーメン店「一風堂」を展開する力の源ホールディングスがベトナムに出店し、2年ぶりに海外市場の新規開拓を果たした。これによって2017年4月に進出したミャンマーに次ぎ、出店先の国と地域は13になった。

2017年フードビジネス~M&A動向まとめ

2017年フードビジネス~M&A動向まとめ

2017/12/27

2017年外食産業のM&A動向を語るうえで、外せないキーワードが2つある。1つは「海外進出」。2つ目は「ポートフォリオの拡大」だ。

【米国ベンチャーM&A】シリコンバレーのラーメン事情と最近の外食関連M&Aまとめ

【米国ベンチャーM&A】シリコンバレーのラーメン事情と最近の外食関連M&Aまとめ

2017/06/09

ここ数年シリコンバレーで一番ホットだったのはラーメンといわれるくらいお店が増えました。一時期は製麺機の輸入が急増したと商社の人に聞いたことがあります。今回は最近の外食関連M&Aを取り上げたいと思います。

M&A速報検索

クリア

アクセスランキング

【M&A速報】よく読まれている記事ベスト5