menu
Social media

ビジネス

ポラリス・キャピタルが100億円で買収したチーズタルト屋「BAKE」は順風満帆のようです

Cover fd49e337 6906 4549 903c ef4f523d90ce

ポラリス・キャピタルが100億円で買収したチーズタルト屋「BAKE」は順風満帆のようです

プライベート・エクイティファンド(以下:PEファンド)の「ポラリス・キャピタル・グループ(以下:ポラリス)は、洋菓子店を運営するBAKEを買収しました。日経新聞の記事によると、買収額は100億円強。このニュースを「ファンドのよくあるIPO狙いの案件じゃん」と決めつけてはいけません。目を凝らしてよく見ると、ポラリスの本気度と、BAKEの有望さが見えてくるのでした、という話です。

この記事では以下の情報が得られます。
①BAKEという上場を控えた企業
②PEファンドとベンチャーキャピタルの違い

THE BAKE MAGAZINE

そもそもBAKEって? 何がそんなにスゴイの?

BAKEは国内外で50店舗を展開する洋菓子店です。創業3年で売上高36億円を達成し、急成長しているベンチャー企業です。今では、主力のチーズタルトが、世界中で毎日8万個売れているとか。

売上推移はこんな感じ。

創業1年目1億円
2年目10億円
3年目37億円
4年目90億円

※4年目は見込みです。

凄まじい成長っぷりですが、パッと見たところ、よくあるチーズタルトのお店です。どうしてこんなに人気があるのか。「ブランディングがメチャクチャ上手い」からです。

特にWeb(オウンドメディア)を活用した集客、ブランド作りは徹底されています。ホームページはこんな感じ。採用目的のこんなメディアも運用しています。ブランドページはこれです。

洋菓子業界で、ここまでWebに凝った会社があったでしょうか? いや、ないですよ。参考までに、ビアードパパゴディバです。ブランドの路線はあるにしろ、群を抜いている感じがします。

Webのスタイリッシュなイメージと、店舗のモダンな作りがベストマッチしています。

もちろん、商品開発・店舗づくりも秀逸。

BAKEはチーズタルトは冷やして食べる、という常識を覆してアツアツの状態で提供しています。更に、工房が直接出すところを見せるよう、バックヤードの仕切りをガラスにしました。この方式も人気が出た要因の一つです。

THE BAKE MAGAZINE

商品を多角化せずに、一つに絞り込んでいるところも特徴的。それが経費削減へとつながっています。廃棄率は業界平均が5%ですが、BAKEはほぼゼロ。人件費の業界平均が売上の20%、BAKEはその半分。

その代わり、店舗デザインを出店場所によって変えるなど、ブランド磨きに注力しています。

フードビジネス

NEXT STORY

【M&Aインサイト】コーポレート・ベンチャー・キャピタル(CVC)の最新事例

【M&Aインサイト】コーポレート・ベンチャー・キャピタル(CVC)の最新事例

従来のコーポレート・ベンチャー・キャピタル(CVC)といえば、通信やIT業界が活用しているイメージがあったが、ここ1、2年の間に新聞、不動産、鉄道など、かつてはベンチャー投資とは無縁だった業種の参入が相次いでいる。


注目の記事

Thumb e1b02e19 e880 4647 9b2e 9735a2922dd8

【リコー】「再成長」へM&A投資 2000億円

リコーが2018~19年度にM&Aに2000億円超を投資する方針を打ち出した。同社にとって大命題は「再成長」の一語に集約される。業績は10年近く一進一退が続き、伸びを欠いたままだ。リコー復権ののろしは上がるのか?

Thumb 5535fbd2 d91a 4fbd a0be 6bc68475be6d
Thumb cc85b8b5 8edb 443a a273 78ca4504aa70
Thumb 88ffbc7d d8c1 4c46 a94a d5f6737c0e91