M&A速報

SFPホールディングス<3198>、長野県で「からあげセンター」展開のクルークダイニングを子会社化

2019/05/30

SFPホールディングスは、唐揚げ店「からあげセンター」など飲食店経営のクルークダイニング(長野県安曇野市。売上高10億円、営業利益1730万円、純資産1億4300万円)の株式99.8%を取得し子会社化することを決議した。

クルークダイニングは2000年に設立し、長野県内で「からあげセンター」をはじめ12業態22店舗を展開する。

SFPホールディングスは地方都市で居酒屋経営のノウハウを持つ企業と資本提携し、「磯丸水産」など自社の主力ブランドを提供することで成長を支援する提携戦略「SFPフードアライアンス構想」を推進しており、その第2弾。

取得価額は非公表。取得予定日は2019年7月1日。

関連の記事

コロナ危機を乗り越える、現金保有率の高い居酒屋企業ランキング

コロナ危機を乗り越える、現金保有率の高い居酒屋企業ランキング

2020/03/27

コロナにより飲食店の3月売上が前年比40~60%と大幅な減少が見込まれています。特に3、4月は送別会、歓迎会の宴会需要が多い月。居酒屋企業にとっては大打撃です。この危機を乗り越える切り札はやはり現金。上場居酒屋企業の現金保有率が高い企業は?

和、洋、中、エスニック、何でもありの「クリエイト」はM&Aの常連だった

和、洋、中、エスニック、何でもありの「クリエイト」はM&Aの常連だった

2019/02/17

和食、洋食、中華、エスニックなど多岐に渡る飲食店を手がけるクリエイト・レストランツ・ホールディングスが、M&Aで攻勢をかけている。売上高2000億円の目標達成の日は、思いのほか早く訪れるかも知れない。

磯丸水産が前川水軍を買収 SFP HDがM&Aに舵

磯丸水産が前川水軍を買収 SFP HDがM&Aに舵

2019/01/29

「磯丸水産」を展開するSFPホールディングスがM&Aによって業容拡大を目指す戦略に舵を切った。同社は熊本県の居酒屋「前川水軍」を展開するジョー・スマイルを子会社化。今後日本だけでなく海外でも同様の手法で店舗網を広げていく。

2017年フードビジネス~M&A動向まとめ

2017年フードビジネス~M&A動向まとめ

2017/12/27

2017年外食産業のM&A動向を語るうえで、外せないキーワードが2つある。1つは「海外進出」。2つ目は「ポートフォリオの拡大」だ。

クリエイト・レストランツ・ホールディングスに見る「分散投資型M&A戦略」のススメ

クリエイト・レストランツ・ホールディングスに見る「分散投資型M&A戦略」のススメ

2017/09/27

業績好調のクリエイト・レストランツ・ホールディングス。成長戦略の中心にあるのが、M&Aを主軸とした『グループ連邦経営』です。多様な立地に、専門性や独自性を掛け合わせて、リスク分散を図りながらポートフォリオを強化するというもの。これこそが、これからの外食企業のあるべき姿なのかもしれません、という話です。