アクロディアは、KLabの事業の一部を譲受けることを発表した。

アクロディアは、ミドルウェア製品を開発し、主に携帯電話キャリア・メーカーにフィーチャーホン向けの製品を提供してきたが、スマートフォン向けのコンテンツ市場が急速に拡大成長する状況変化に対応すべくさまざまな取り組みをしている中で、モバイルBaaSに関する事業を開始するにあたり、コンテンツサービス業界における営業力の強化、バックエンドサービスを支える開発者エコシステムの充実、及び信頼度の高い運用能力の強化が図れると判断しKLabの事業の一部であるコンシューマー向けコンテンツの提供を行う顧客に対する、大規模システムのインテグレーションサービスを譲り受ける。

譲受け価額は350百万円、事業譲受期日は平成25年11月1日を予定している。