menu
Social media

ビジネス

英投資ファンド・ペルミラの誤算、スシローは回転しすぎてもはや賞味期限切れに

Cover 92b587ec 0671 471d 8dd3 5d58627a4ed4
※画像はイメージです

M&A Online編集部です。今回から隔週でビールを飲む理由@麦とホップさんによる「フードビジネスとM&A」の連載が始まります。ココでしか読めない書き下ろしコラムをお楽しみ下さい。


◇ ◇


投資ファンド・ペルミラの誤算、スシローは回転しすぎてもはや賞味期限切れに

画像:https://www.akindo-sushiro.co.jp/campaign/detail.p...

要点:3月30日に東証一部上場を果たしたスシロー(3563)。公募価格3600円に対して、終値は3410円と悲しい結果に。上場を仕掛けた英投資ファンドのペルミラは、二つの外的要因に悩まされました。「円安」と「魚価の高騰」です。そして「安値」という最大の武器を装備してしまったスシローは、それ以上の価値を提供することができないのでした、という話です。

この記事では大きく2つの情報を得ることができます。

1:スシローが急成長した要因
2:回転寿司業界が逆境に立たされている理由

10億ドルでペルミラが買収したスシローの企業価値は大して伸びていないです

画像:http://www.akindo-sushiro.co.jp/korezo/

まずはスシローが辿った歴史から。大阪生まれの「あきんどスシロー」が東証二部に上場したのが2003年。その後、2007年に主要株主が「すき家」でおなじみのゼンショーに株式を売却しました。

ところが、コストカッターで有名なゼンショーの傘下に入ることを拒んだスシロー。そこで、ゴールドマン・サックス出身者が創業した投資ファンド、ユニゾン・キャピタルに救いの手を求めました。

ユニゾンの経営戦略と、スシローの職人気質な顧客目線が、トップ企業へと押し上げました。当時の社長は調理師専門学校出身の豊崎賢一氏。仕入れに妥協を許さず、上質な寿司の提供にこだわった職人目線は多くの顧客を呼び込みました。

その一方で、出店計画や人材育成などの経営管理を行なっていたのが、マッキンゼー出身の加藤智治氏。ロジカルな視点で欧米型の経営スタイルを追求しました。

この二人の力により、スシローは2010年下半期に店頭売上高で「かっぱ寿司」を抜き、業界1位に躍り出たのでした。急成長した要因は、顧客ファーストと経営効率のバランスを保ったことによるものでした。

この逸話は、少女漫画やテレビドラマでよくある、「陽気で熱い男(金髪キャラ)」と「冷静でクールな男(メガネキャラ)」を彷彿とさせて良い感じです。その手の方々に喜ばれそうなネタです。

そんなこんなで企業価値が上がったスシロー。2012年に英投資ファンド・ペルミラへ、めでたく嫁入りしたのでした。売却額はおよそ10億ドルです。これにより、ユニゾンは540億円もの売却益を得たと言われています。

ロイターはスシローの企業価値が当時の800億円から、2016年に1500億円へと上昇していると報じています(http://jp.reuters.com/article/ipo-idJPKCN0XJ0TF)。

しかしながら、ペルミラ側から見れば、価値はほとんど変わっていません。だって、凄まじい円安になってしまったのですから。

フードビジネス

関連のM&Aニュース

NEXT STORY

投資ファンド・インテグラルの戦略 ホリイフードサービスへTOB

投資ファンド・インテグラルの戦略 ホリイフードサービスへTOB

外食大手TBIホールディングスが、北関東を中心に居酒屋などを展開するホリイフードサービスに対して、TOBを実施します。既存株主は慌てて持ち株を放出しているようですが、ホリイにとって好材料だと思う3つの理由をお話します。


注目の記事

Thumb 70ddc187 8458 4a94 b3b0 2867aca7b291

仮想通貨ビットコインの流通で証券会社はどうなるのか?

2017年7月1日より仮想通貨の譲渡にかかる消費税が非課税とされる改正税法が適用となる。そこで今回は、仮想通貨であるビットコインの流通が増えることによって金融機関にどのような影響が出るのかを考察してみたい。

Thumb f423da8c cbaa 4e36 84f3 1375e7a23d7e
Thumb a8c49ae2 f19c 44c6 8420 76fb5025a34d
Thumb 04c0b605 79d3 4736 9daa 0b57b56eaf3a