コロナ禍で事業拡大の機運縮小 2022年1-6月の外食・フードサービス業界のM&A

alt
小僧寿しの傘下に入った札幌ラーメン「どさん子」の店舗(東京・大手町)

2022年1-6月の外食・フードサービス業界のM&Aは、件数、取引金額ともに低位に沈んだ。飲食業界はコロナ禍で、大打撃を受けており、M&Aによって事業を拡大する機運が萎んだようだ。

件数、金額ともに下から2番目

M&A Online編集部がM&Aデータベースで、同業界の2022年1-6月のM&A発表案件(適時開示ベース)を集計したところ、件数は7件(2013年、2021年は同数)で、1-6月としては2013年以降の10年間では、最低の6件だった2015年に迫る下から2番目に低迷した。

取引金額も1-6月としては2013年以降の10年間では、最低の2020年の1億5000万円に次ぐ下から2番目に終わった。1億円を超える案件が1件しかなく、7件中4件が金額非公表だったため膨らまなかった。

金額トップは小僧寿しの5億円

2022年1-6月の発表案件で金額が最も高かったのは、小僧寿し<9973>が、JFLAホールディングス<3069>傘下で、飲食店経営のアスラポート(東京都中央区)が会社分割して設立する同名の新会社アスラポート(新アスラポート、同)の全株式を取得することを決めた案件で、取得金額は5億1800万円。

アスラポートが運営する札幌ラーメン「どさん子」、薩摩料理「ぢどり亭」、ミルフィーユかつ専門店「キムカツ」などの261店舗(直営17、FC244)を引き継ぐ。

小僧寿しは、アスラポートの子会社化を機に、新業態開発を進めるほか、グループ内のFC(フランチャイズ)事業の展開を加速する。

金額の2番目は、ジェイグループホールディングス<3063>が、ハワイで飲食店を運営する100%子会社のNEWFIELD HONOLULU,INC(ホノルル)の全株式を譲渡した案件で、譲渡金額は3300万円。コロナ禍で業績が低迷していたため、売却に踏み切った。譲渡先は非公表。

金額の3番目は一家ホールディングス<7127>が、「肉のウヱキ」経営のEgo(千葉県市川市)の株式70%をDES(債務の株式化)により取得し、子会社化することを決めた案件で、取得金額は1900万円。Egoは一家HDの従業員が2021年4月に独立起業した会社で、子会社化に伴ってグループの事業構成を拡充する。

文:M&A Online編集部

M&A Online編集部

M&Aをもっと身近に。

これが、M&A(企業の合併・買収)とM&Aにまつわる身近な情報をM&Aの専門家だけでなく、広く一般の方々にも提供するメディア、M&A Onlineのメッセージです。私たちに大切なことは、M&Aに対する正しい知識と判断基準を持つことだと考えています。M&A Onlineは、広くM&Aの情報を収集・発信しながら、日本の産業がM&Aによって力強さを増していく姿を、読者の皆様と一緒にしっかりと見届けていきたいと考えています。


NEXT STORY

感染は下火になったのに、「コロナ倒産」が急増する理由とは

感染は下火になったのに、「コロナ倒産」が急増する理由とは

2022/06/17

コロナ禍も一息つき、政府が「Go To トラベル」の再開に動き出したり、ANAが羽田発着の国内線減便措置を7月に全面停止すると発表したりと、「脱コロナ」に向けた動きが加速している。それにもかかわらず、コロナ関連の倒産が急増している。なぜか?

関連のM&A速報

アクセスランキング

【総合】よく読まれている記事ベスト5