M&A速報

小僧寿し<9973>、持ち帰りずしの「茶月」とレストラン運営のスパイシークリエイトを取得

2016/05/26

小僧寿しは、持ち帰りずし店「茶月」を運営する阪神茶月(大阪府寝屋川市。売上高6億2200万円、営業利益△2900万円、純資産△5200万円)の株式67.8%と、カレーショップなどを運営するスパイシークリエイト(大阪府寝屋川市。売上高3億5100万円、営業利益△951万円、純資産△1740万円)の株式51.3%を取得し、子会社化することを決議した。両社が実施する第三者割当増資を引き受けるほか、デット・エクイティ・スワップ(債務の株式化)により取得する。

小僧寿しは2012年に阪神茶月より東日本本部の「茶月東日本」を取得し、現在、「茶月」29店舗を運営している。阪神茶月は現在も、大阪、京都、兵庫の西日本において14店舗を所有しており、小僧寿しは今回の子会社化により「茶月」本部を統合させたいとしている。旗艦ブランドである「小僧寿し」の西日本における本部機能を兼ねさせる予定。

スパイシークリエイトは阪神茶月代表の伴田昭彦氏が代表を務めるグループ企業で、実質的な経営管理は阪神茶月が担っている。同社は西日本で、「カレーハウススパイシー」を6店舗、「イタリア料理サンマルコ」を1店舗、京都ラーメンなどを提供するレストラン「春陽堂」を2店舗展開している。小僧寿しは、グループのブランド多様化と商品開発力強化を図る。

取得予定日は2016年5月31日。取得総額は2社合わせて1億300万円。

関連の記事

小僧寿しが居酒屋と障害者グループホームを運営することへの違和感

小僧寿しが居酒屋と障害者グループホームを運営することへの違和感

2021/12/03

債務超過の解消と黒字化を達成した小僧寿しが3社買収を決定しました。居酒屋「とり鉄」のFC展開をするトランセア、障害者グループホーム「わおん」のアニスピホールディングス、食肉加工のミートクレストです。デリバリーに経営資源集中からの急激な方針転換となりました。

【小僧寿し】コロナ禍で長期低迷から脱し黒字回復したM&A戦略

【小僧寿し】コロナ禍で長期低迷から脱し黒字回復したM&A戦略

2021/06/24

老舗持ち帰りずしチェーンの小僧寿しに復活の兆しが見えてきた。コロナ禍で外食産業が史上最悪といわれる「氷河期」を迎えたのを尻目に、5期ぶりの黒字転換を果たしている。同社はどうやってコロナ禍を乗り越え、どのような成長戦略を描いているのか?

「小僧寿し」「くら寿司」がマナルル、学研とのコラボキャンペーンで激突

「小僧寿し」「くら寿司」がマナルル、学研とのコラボキャンペーンで激突

2021/04/29

持ち帰りすしチェーンを運営する小僧寿しと、回転すしチェーン店を運営する、くら寿司が互いにコラボによるキャンぺーンに乗り出した。コラボによるすし対決はどちらに軍配が上がるだろうか。

赤字続きの「小僧寿し」に復活の兆し コロナ禍が追い風に

赤字続きの「小僧寿し」に復活の兆し コロナ禍が追い風に

2021/03/05

新型コロナウイルスの影響で苦戦を強いられている外食産業にあって、小僧寿しが復活の兆しを見せている。2020年12月期の営業損益が2015年12月期以来5年ぶりに黒字化したのに続き、2021年12月期も2期連続の黒字を確保できる見込みだ。

倒産寸前といわれた小僧寿しがコロナで下期売上112%の大躍進

倒産寸前といわれた小僧寿しがコロナで下期売上112%の大躍進

2021/01/15

のれんの大幅減損による債務超過で、倒産寸前とまでいわれていた小僧寿しが債務超過を解消して上場廃止猶予期間から脱しました。さらに、コロナ禍で大躍進を遂げています。下期の売上高は前年比112.1%。買収したデリズも107.3%と健闘しています。

赤字体質からの脱却を目指す「小僧寿し」3年で売り上げ2倍に

赤字体質からの脱却を目指す「小僧寿し」3年で売り上げ2倍に

2020/01/07

小僧寿しが介護施設の運営を手がける子会社を売却することになった。低迷する業績を改善するため主力の「持ち帰り寿司事業」と「デリバリー事業」に経営資源を集中するためだ。

上場企業の子会社・事業売却、12月年間最多の18件!

上場企業の子会社・事業売却、12月年間最多の18件!

2019/12/30

12月のM&A市場は「売り」が勢いづいた。上場企業による子会社・事業の売却は18件に上り、年間最多となった。年末休み前の最終週(23~27日)だけで12件が集中。売却対象の子会社・事業の多くは不振状態にあり、“年末大決算”の様相を呈した。

「小僧寿し」が債務超過回避へ、増資で株式の希薄化296%

「小僧寿し」が債務超過回避へ、増資で株式の希薄化296%

2019/09/06

小僧寿しが9億5000万円の債務超過解消のため、JFLA ホールディングスとEVO FUNDを引受先とした第三者割当増資を実施します。発行する株式の総数は9200万株で希薄化は296%。一時的な危機を回避するも、前途多難な再出発となりそう。

小僧寿しが債務超過で上場廃止危機!デリズ買収ののれんが重荷

小僧寿しが債務超過で上場廃止危機!デリズ買収ののれんが重荷

2019/05/10

小僧寿しが10億5700万円の債務超過に陥りました。上場廃止猶予期間に突入し、今年中に債務超過状態を解消できなければ上場廃止に。債務超過のデリズを2億8000万円相当の株式交換で買収。それが仇となりました。

関連のM&A速報

M&A速報検索

クリア

アクセスランキング

【M&A速報】よく読まれている記事ベスト5