アスラポート・ダイニングは子会社を通じ、飲食店・フランチャイズチェーン本部の運営を主力とするCJ Foodville Japan(大阪市。純資産1540万円)のたこ焼き店など一部事業を取得することを決議した。対象となるのはたこ焼き店の「たこばやし」9店舗とフードコート内飲食店「うまいもんや」3店舗の事業で、直近売上高は1億8900万円。

CJ Foodville Japanは吉本興業(大阪市)の経営多角化の一環として1997年に設立され、たこ焼き店や石焼ビビンバ専門店などを展開してきた。韓国の企業グループであるCJグループ入りをきっかけに韓国食の業態に集中することにした。アスラポート・ダイニングは主力の居酒屋業態に加え、昼の需要に対応する業態を取り込み、業態多様化と規模拡大による収益基盤強化を図る。

事業取得価額は4350万円。事業取得予定日は2012年2月1日。