M&A速報

アスラポート・ダイニング<3069>、フランスのケータリング会社のRiem Beckerを買収

2017/05/26

アスラポート・ダイニングは英子会社を通じ、フランスのケータリング会社のRiem Becker SAS(売上高26億2000万円、営業利益△6800万円、純資産3億2800万円)の株式74%を取得し子会社化することを決議した。

Riem Beckerは1924年創業で、フランスの有名企業やブランドが主催するパーティーのプロデュースを手掛ける老舗フレンチケータリング企業。アスラポート・ダイニングは2015年に英国で水産物の加工卸や和食レストランなどを連結子会社化するなど、海外市場への進出を進めている。Riem Beckerの買収により、欧州市場で日本食関連食材の調達・加工・販売を一連で行う「食のバリューチェーン」の拡充を図る。

取得価額は約3億8100万円。取得予定日は2017年5月30日。

追記事項

2017-12-15
Riem Beckerの株主間で譲渡承認に関する協議が長引き、譲渡手続きが延期された。
取得価額を約2億6800万円、取得予定日を2017年12月31日に修正。

2018-03-02
取得価額を約3億6200万円に修正。取得予定日は非公表。

関連の記事

倒産寸前といわれた小僧寿しがコロナで下期売上112%の大躍進

倒産寸前といわれた小僧寿しがコロナで下期売上112%の大躍進

2021/01/15

のれんの大幅減損による債務超過で、倒産寸前とまでいわれていた小僧寿しが債務超過を解消して上場廃止猶予期間から脱しました。さらに、コロナ禍で大躍進を遂げています。下期の売上高は前年比112.1%。買収したデリズも107.3%と健闘しています。

赤字体質からの脱却を目指す「小僧寿し」3年で売り上げ2倍に

赤字体質からの脱却を目指す「小僧寿し」3年で売り上げ2倍に

2020/01/07

小僧寿しが介護施設の運営を手がける子会社を売却することになった。低迷する業績を改善するため主力の「持ち帰り寿司事業」と「デリバリー事業」に経営資源を集中するためだ。

小僧寿しが債務超過で上場廃止危機!デリズ買収ののれんが重荷

小僧寿しが債務超過で上場廃止危機!デリズ買収ののれんが重荷

2019/05/10

小僧寿しが10億5700万円の債務超過に陥りました。上場廃止猶予期間に突入し、今年中に債務超過状態を解消できなければ上場廃止に。債務超過のデリズを2億8000万円相当の株式交換で買収。それが仇となりました。

【2018年3月M&Aサマリー】買収は49件 「20億円超」増えて13件=適時開示ベース

【2018年3月M&Aサマリー】買収は49件 「20億円超」増えて13件=適時開示ベース

2018/04/05

東証の「適時開示」ベースで買収案件を集計したところ、3月は49件と前月より4件減った。大型案件が目立ち、日本たばこ産業がロシアのたばこメーカー4位を約1900億円で、東レがオランダの炭素繊維大手を1230億円でそれぞれ子会社化した。

【アスラポート・ダイニング】M&Aで劇的に変わる経営計画 一気に1000億円の大台に

【アスラポート・ダイニング】M&Aで劇的に変わる経営計画 一気に1000億円の大台に

2018/03/22

アスラポート・ダイニングは2018年8月に、ジャパン・フード&リカー・アライアンスを完全子会社化する。両社の売上高はほぼ同規模なため今年度の売上予想を単純に足すと単独の2倍近い740億円になる。一気に売上高1000億円の大台が視野に入ってきた。

関連のM&Aニュース

M&A速報検索

クリア

アクセスランキング

【M&A速報】よく読まれている記事ベスト5